このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ご存じですか?動物検疫~動物の病気を持ち込まないために~

  • 印刷

開催結果の概要

牛、豚、鶏などの家畜がかかる病気や人も動物もかかる狂犬病等の人獣共通感染症の侵入防止をすることは大変大切です。

動物検疫所では、輸出入される動物や畜産物をチェックする他、海外旅行者のおみやげの肉製品やペットなどのチェックを行っており、海外からの動物の病気の侵入を食い止めています。これを「動物検疫」といいます。

このたび、「動物検疫」の役割を知っていただくために、一般の方を対象に、普段は目に触れることのない動物検疫所の施設等を見学していただくとともに、皆様の質問にお答えする機会を設けました。

参加者の皆さまからは、「動物検疫への理解が深まった」といった声が多く寄せられました。

<日時>平成21年12月3日(木曜日)13時00分~16時10分

<場所>現場見学:農林水産省動物検疫所関西空港支所

情報提供・質疑応答:ホテル日航関西空港

 

現場見学(犬・猫検疫施設)の様子

検疫探知犬のデモンストレーションの様子

現場見学(犬・猫検疫施設)の様子

検疫探知犬のデモンストレーションの様子

 

 

 スライドを用いた情報提供の様子

質疑応答の様子

スライドを用いた情報提供の様子

質疑応答の様子

当日の流れ

1.開会

2.現場見学

(1)動物検疫や検疫探知犬に関するDVDを視聴

(2)動物検疫所関西空港支所係留施設(犬・猫舎、霊長類舎)を見学

(3)検疫探知犬のデモンストレーション

3.情報提供

「動物検疫とは?」

農林水産省消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室長  山本  実

4.質疑応答

5.閉会

配布資料一覧

 資料

 

参考資料

  •  アンケート用紙
  • 食品安全エクスプレス

 これらのほか、動物検疫に関するパンフレットなどを配布しました。

 議事録等

 

お問い合わせ先

 

消費・安全局消費者行政課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader