ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 消費者との意見交換会 > 平成27年度意見交換会等開催結果 > 食品中の放射性物質対策に関する意見交換会(平成28年2月10日宮城県仙台市)


ここから本文です。

更新日:平成28年5月9日

担当:消費・安全局消費者行政・食育課

食品中の放射性物質対策に関する意見交換会(平成28年2月10日宮城県仙台市)

平成28年2月10日、宮城県仙台市にて食品中の放射性物質の現状や取組について意見交換会を開催しました。
配付した資料やその概要を掲載しています。

日時・場所

[日時]平成28年2月10日(水曜日) 13時30分から16時15分まで

[場所]パレス宮城野 はぎの間(宮城県仙台市青葉区上杉3-3-1)

 

主催

主催

 消費者庁、内閣府食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省、宮城県

 

議事次第

  1  開会  
          (司会進行) 消費者庁 消費者安全課 政策企画専門職 大浦  由樹子
  2  挨拶  
          宮城県 環境生活部 食と暮らしの安全推進課 課長  金野  由之
  3  基調講演  
       「放射線の基礎知識と食品中の放射能」  
 

        福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 農・環境復興支援部門

        放射能汚染対策担当 特任准教授 博士(農学)

 

大瀬  健嗣  氏

  4  取組事例発表  
   「原木しいたけ生産再開に向けた取り組みについて」  
          JA仙台椎茸生産組合 組合長 熊谷  幸夫  氏
       「水産現場の取組について」  
          石巻魚市場(株) 専務取締役 志摩  喜代一  氏
       「宮城県における食品の放射性物質の検査状況について」  
          宮城県 環境生活部 食と暮らしの安全推進課 課長 金野  由之
  5  パネルディスカッション・会場との意見交換  
     【登壇者】  
 

        福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 農・環境復興支援部門

        放射能汚染対策担当 特任准教授 博士(農学)

 

大瀬  健嗣  氏

          JA仙台椎茸生産組合 組合長 熊谷  幸夫  氏
          石巻魚市場(株) 専務取締役 志摩  喜代一  氏
          宮城県生活協同組合連合会 常務理事 加藤  房子  氏
          内閣府食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション官 木下  光明
          厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全部 監視安全課 化学物質係長 菅原  秀悦
          農林水産省 消費・安全局 食品安全政策課長 吉岡  修
          宮城県 環境生活部 食と暮らしの安全推進課 課長 金野  由之
     【ファシリテーター】  
          宮城教育大学 教授

小金澤  孝昭  氏

  6  閉会  

配付資料

 

議事録

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX:03-6744-1974

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図