このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

日EU・EPA協定に基づく国家貿易による麦等の輸入について

日EU・EPA協定の発効(平成31年2月1日)に伴い、協定に基づく国家貿易による麦等の輸入ついて、お知らせします。


(参考)日EU・EPAにおける農林水産物の交渉結果概要(EUからの輸入)(PDF : 577KB)

1.国家貿易による麦等の輸入

(1)対象品目

  • SBS方式によるEU枠を設定し、小麦・大麦及び小麦・大麦の加工品・調製品の国家貿易品目を対象として、一体的に運用します。
  • 具体的な対象品目等については、日EU・EPAにおける合意内容を確認ください。
日EU・EPA市場アクセス交渉の結果概要-米麦、甘味資源作物等-(PDF : 593KB)


(2)輸入資格

  • 日EU・EPA協定に基づく食糧用輸入麦等の特別売買契約の見積合せ(SBS)への参加を希望する輸入業者の方は、輸入資格が必要となります。
  • 新たに輸入資格を取得されようとする方は、以下の手続きに従い、必要な申請を行ってください。
  • 既に輸入資格を保持されている方は、有効期限(平成31年3月31日)まではそのまま利用できますので申請の必要はありません。
輸入米麦等の特別売買契約の見積合せに輸入を目的として参加する者に必要な資格を取得するための申請についてのお知らせ(平成30年12月11日)(PDF:130KB)

(3)買受資格

  • 日EU・EPA協定に基づく食糧用輸入麦等の特別売買契約の見積合せ(SBS)に参加し、食糧用輸入麦等を買い受けるためには、「食糧用特別売買麦等の買受資格」が必要となります。
  • 既に買受資格を保持されている方は、そのまま利用できますので申請の必要はありません。
  • 新たに買受資格を取得されようとする方は、以下の手続きに従い、必要な申請を行ってください。
輸入麦等の特別売買契約の見積合せに麦加工品・調製品の買受けを目的として参加する者に必要な資格を取得するための申請についてのお知らせ(平成30年12月11日)(PDF:260KB)


(4)入札等の情報

  • 国家貿易による麦等の輸入に関する入札・見積合せの情報は、農林水産省HPでご案内しますので、適宜ご確認ください。
輸入米麦入札関連資料

2.その他

(1)関連要領

関連要領


(2)関税割当

(日EU・EPA)関税割当てに関する情報

 

お問合せ先

政策統括官付貿易業務課

(1(1)、1(2)、1(4)関係)
担当者:契約第2班(麦)
代表:03-3502-8111(内線5019)
ダイヤルイン:03-6744-1369
FAX番号:03-6744-1391

(1(3)関係)
担当者:麦類業務班
代表:03-3502-8111(内線5013)
ダイヤルイン:03-6744-1257
FAX番号:03-6744-1390

(2(2)関係)
担当者:麦類需給班
代表:03-3502-8111(内線5012)
ダイヤルイン:03-6744-1253
FAX番号:03-6744-1390

(その他)
担当者:総括及び総務班
代表:03-3502-8111(内線5011)
ダイヤルイン:03-6744-0585
FAX番号:03-6744-1390

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader