このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

中国での取組事例

味千拉麺

  • 中国国内に600店舗以上を展開。
  • 日本食サポーター店に認定。
  • 中国北京、上海ほか400店舗において日本産米フェアを開催し、富山県産コシヒカリを使用した日本食の定食メニューを提供。店頭でも富山県産コシヒカリを販売。
味千写真1味千写真2味千写真3

味千インタビュー

 

HUI日式料理

  • 寿司や鰻重定食、焼き肉定食などの豪華なメニューや客の要望で富山県産コシヒカリを使用。
  • 雑誌やブロガーなどのメディアを集めたイベントを定期的に開催し、富山県産コシヒカリを使用したメニューをPR。
  • 店内で料理教室を開催し、寿司づくりなどの体験を通じて富山県産コシヒカリの美味しさを知ってもらう取組も実施。
  • 中国語版の富山県パンフレットにより、お米だけでなく、富山の観光、食等も併せてPR。

hui写真1hui写真2

huiインタビュー



SHARI

  • 「お米の美味しさを世界中の人々に知ってもらいたい」、「日本でも味わえないような新しい和食を提供したい」。そんな思いから生まれたレストラン。
  • 水の厳選、洗い方、火加減等全ての工程にこだわり、釜で炊いた炊きたてのご飯を提供。
  • 日本食サポーター店に認定。
  • 日本食キャンペーンとして、福岡県産米パックご飯を使用した海鮮丼を提供。
  • 福岡県産パックご飯を使用したメニューとともに、福岡県のお酒や調味料、観光地等もPR。
shari写真2shari写真1

shariインタビュー




真木乃

  • 滋賀県の料理をメインとして提供する割烹料理店。個室もあり、落ち着いた和室でゆっくり食事ができる。
  • 北海道産ななつぼしを使用した寿司等を提供。
  • 日本食サポーター店に認定。
  • 店内には固定メニューがなく、大将が毎日仕入れた食材に合わせ、手書きのメニューを用意。
真木乃写真1真木乃写真2

真木乃写真3

真木乃インタビュー



嗑米

  • 2018年4月に上海でオープン。
  • 中国人オーナーが経営する、ご飯を美味しく食べることにこだわったレストラン。
  • 日本産米2銘柄(北海道産ななつぼし、山形県産はえぬき)と中国産米4銘柄(京西米、初恋、こしひかり、稲花香米)を扱う。
  • ご飯は、注文を受けてから一つ一つ土鍋で炊きあげる。注文したご飯は、米の特徴を独自のチャート図で説明。ご飯に合わせるおかずは、ご飯を美味しく食べるために料理長がこだわって作り上げた。
クーミー土鍋お米ご飯

料理長



お問合せ先

政策統括官付農産企画課

担当者:米穀輸出企画班
代表:03-3502-8111(内線4983)
ダイヤルイン:03-6738-8961
FAX番号:03-6738-8976