ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食品安全:農産物(米、麦、大豆、野菜など) > 食品中のカドミウムに関する情報 > (1)食品中のカドミウムに関する国際基準値


ここから本文です。

(1)食品中のカドミウムに関する国際基準値

コーデックス委員会が策定した国際基準値(平成18年7月現在) (PDF:58KB)

コード番号
注1
食品群 基準値
(mg/kg)
備考
CM1205 精米 0.4  
GC0654 小麦 0.2
GC0081 穀類(そばを除く) 0.1 小麦、米を除く
ふすま、胚芽を除く
VD0070
VP0060
豆類 0.1 大豆(乾燥したもの)を除く
VR0589 ばれいしょ 0.1 皮を剥いたもの
VR0075
VS0078
根菜、茎菜 0.1 セロリアック、ばれいしょを除く
VL0053 葉菜 0.2
VA0035
VB0040
VC0045
VO0050
その他の野菜
(鱗茎類、アブラナ科野菜注2、ウリ科果菜、その他果菜)
0.05 食用キノコ、トマトを除く
IM0151 海産二枚貝(カキ、ホタテガイを除く) 2
IM0152 頭足類(内臓を除去したもの) 2

注1:コーデックス委員会が定めた食品中の汚染物質・毒素に関する一般規格では、食品の基準値リストは、食品分類法(残留農薬部会で開発した食品分類法)に定めたコード番号を使用すると規定している。このコード番号により、各食品群に含まれる品目が明確にされる。

注2:「アブラナ科野菜」のうち、葉菜で結球しないものについては「葉菜」に含まれる。


国際的なカドミウム基準値の検討の経過  (PDF:156KB)

CCFAC=コーデックス委員会食品添加物・汚染物質部会(基準値等リスク管理措置を検討)
JECFA=FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(リスク評価を実施)





コーデックスのカドミウム基準値の検討に対する日本政府の意見



コーデックスの基準値検討に対する我が国の対応 (PDF:100KB)


コーデックスにおける国際食品規格の作成手順 (PDF:15KB)


コーデックスにおける食品中の汚染物質のリスク管理に関する検討の原則について (PDF:65KB)


「『食品に含まれるカドミウム』に関するQ&A」(厚生労働省)での関連するQ&A [外部リンク]

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
ダイヤルイン:03-3592-0306
FAX:03-3580-8592

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図