このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

セレウス菌(細菌)[Bacillus cereus]

症状は

  •  セレウス菌食中毒には、「おう吐型」と「下痢型」があります。
  • 「おう吐型」の場合、食後1~5時間で、吐き気、おう吐、腹痛をおこします。菌が食品中で作った毒素が原因で、日本ではこの「おう吐型」が多いです。
  • 「下痢型」の場合、食後8~16時間で、腹痛、下痢をおこします。菌が小腸の中で作った毒素が原因です。

 

原因になりやすい食品は?

  • 「おう吐型」は、チャーハン、ピラフ、焼きそば、スパゲッティなどが原因になりやすいです。
  • 「下痢型」は、あらゆる食品が原因になります。
セレウス菌(電子顕微鏡写真)

東京都健康安全研究センター提供
細菌の大きさは1.1~1.5μm×3.0~10.0μm

 

予防のポイントは?

  • 一度に大量の米飯やめん類を調理して作りおきしないようにしましょう。
  • 米飯やめん類などを保存するときは、小分けにして速やかに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
  • この菌はあらゆる所にいるので、食品にほこりが付かないように、調理済みの食品にフタやラップをしたり、台所を清潔にするよう心がけましょう。

食中毒をおこす細菌・ウイルス・寄生虫図鑑へ

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974