ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食中毒から身を守るには > 食中毒をおこす細菌・ウイルス・寄生虫図鑑 > セレウス菌(細菌)[Bacillus cereus]


ここから本文です。

ここから本文です。


セレウス菌(細菌)[Bacillus cereus]

症状は

  •  セレウス菌食中毒には、「おう吐型」と「下痢型」があります。
  • 「おう吐型」の場合、食後1~5時間で、吐き気、おう吐、腹痛をおこします。菌が食品中で作った毒素が原因で、日本ではこの「おう吐型」が多いです。
  • 「下痢型」の場合、食後8~16時間で、腹痛、下痢をおこします。菌が小腸の中で作った毒素が原因です。

 

原因になりやすい食品は?

  • 「おう吐型」は、チャーハン、ピラフ、焼きそば、スパゲッティなどが原因になりやすいです。
  • 「下痢型」は、あらゆる食品が原因になります。

東京都健康安全研究センター提供
細菌の大きさは1.1~1.5μm×3.0~10.0μm

予防のポイントは?


食中毒をおこす細菌・ウイルス・寄生虫図鑑へ

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図