このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業の概要

1.趣旨

食品安全、動物衛生、植物防疫等の分野において、法令・基準・規則等の行政施策・措置の決定に必要な科学的根拠を得るための研究を実施し、その研究成果を行政施策・措置に反映することにより、安全な国産農林水産物の安定供給に貢献することを目的とします。

2.試験研究実施期間及び試験研究費

実施期間:3年以内
研究費:単年度の研究費は1課題あたり3千万円以内
実施期間及び初年度の研究費は予め試験研究課題ごとに設定します。

3.試験研究課題の設定

食品安全、動物衛生及び植物防疫等に関する問題の発生を未然に防ぐ観点から、将来講ずるべき施策の決定に備え、科学的根拠を得るための試験研究課題を設定します。

4.応募要件

提案書の内容が応募要領に記載された試験研究課題の概要に沿っているか又は強く関連した内容である必要があります。
単独又は複数の研究機関により応募することができます。複数の研究機関で応募する場合は、共同提案による連名での応募又は研究グループによる応募が可能です。
応募に当たっては、必ず各年度の応募要領により詳細を確認してください。

5.試験研究課題の運営管理等

研究推進会議の開催

試験研究課題の受託者には、研究計画の設計、決定及び必要な見直しを行うとともに、研究の進捗状況を確認するために、試験研究課題の課題担当者、行政施策・措置の対象となる関係者(農林漁業生産者・法人、食品製造・加工事業者、食品流通事業者及び検査機関並びにこれら事業者等が組織する団体等)等により構成される研究推進会議を定期的に開催していただきます。

試験研究課題の運営管理

試験研究課題ごとに行政の担当者からなる試験研究課題運営チームを設置します。本運営チームは、受託者や行政施策・措置の対象となる関係者と情報や意見を交換するとともに、研究推進会議に参画することにより、研究の進捗状況を確認するほか、研究実施期間内に行政の施策の推進に資する成果が得られるよう研究実施計画の改善及び必要な見直しを提案又は指示します。

試験研究課題の評価

「安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業評価実施規程」に基づき、試験研究課題の中間評価及び事後評価を実施します。
試験研究課題の受託者には、評価に必要な資料を作成していただきます。
なお、評価結果は研究計画の見直し、予算の配分等に反映されます。


追跡調査の実施

「安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業追跡調査実施規程」に基づき、試験研究終了後、研究成果の行政施策・措置への反映状況を把握及び評価します。
本追跡調査において、試験研究課題の受託者から意見等を聴取することがあります。

研究成果の活用・報告

本事業により得られた研究成果を発表する場合は、本事業の契約期間に関わらず事前にその内容について、消費・安全局に協議し、承諾を得るとともに、委託事業に係る研究の成果であることを明記していただきます。
なお、公表した資料については、毎年度末、消費・安全局に報告していただきます。
また、試験研究課題の受託者には、委託契約書で定める履行期限までに、試験研究課題の実績を報告していただきます。
関連通知
安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業実施規程(PDF:66KB)
安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業審査実施規程(PDF:156KB)
安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業評価実施規程(PDF:264KB)
安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業追跡調査実施規程(PDF:73KB)

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課食品安全技術室

担当者:レギュラトリーサイエンス対応推進班
代表:03-3502-8111(内線4451)
ダイヤルイン:03-3502-5722
FAX番号:03-3597-0329