このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

野菜の健康維持機能

  • 印刷

硝酸塩の摂取源となっている野菜。それでは野菜は食べないほうがいいのでしょうか?

野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維等の供給源として、大変重要な役割を担っています。近年では、がん等の生活習慣病の予防という役割も明らかとなり、様々な研究によって実証されるようになってきました。その中でも、最も研究例が多いのが、がん予防と野菜摂取の関係です。

多くの研究の結果、野菜はその種類や成分に様々な生理作用があり、ヒトの健康に非常に有益であることが明らかになってきました。一方、ある種の豆類の生食やある種の野菜にはアレルゲンやアルカロイドなどヒトの健康にあまり有益でない成分も含まれます。また、特殊な例ですがダイエットのため2年間かぼちゃ以外のものはほとんど摂取しないで肝臓に障害がでた報告もありますので、野菜も偏った食べ方をすると健康に負の影響を及ぼすと考えられます。したがって健康のため数多くの野菜をその生理機能を意識し、バランスよく摂取することが重要と思われます。

→野菜等健康食生活協議会ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ先

消費安全局農産安全管理課肥料検査指導班
ダイヤルイン:03-3502-5968
FAX:03-3580-8592