このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ソラニンやチャコニンとは

  • ソラニンやチャコニン(カコニンとも呼ばれています)は、ナス科の植物のジャガイモ、ツルナス、イヌホオズキなどに含まれる天然毒素です。
  • グルコースやガラクトースなどの「糖」と、植物由来の窒素を含んだアルカリ性(塩基性)物質である「アルカロイド」からできている「グリコアルカロイド(糖アルカロイド)」の一種です。ジャガイモに含まれるグリコアルカロイドの約95%はα-ソラニンやα-チャコニンです。  
ソラニンやチャコニンは、それぞれ化学構造の違いによって、「α(アルファ)型」、「β(ベータ)型」、「γ(ガンマ)型」という3つの種類に分けられます。
  • ジャガイモに含まれるグリコアルカロイドのうち、特にα-ソラニンやα-チャコニンはジャガイモに苦味を与えます。
  • ソラニンやチャコニンについて、化学構造などの詳しい情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

コラム~なぜジャガイモが有害な物質を含むの?~ 

私たちが食べるジャガイモは、地下の茎が肥大した「塊茎」です。ジャガイモはソラニンやチャコニンなどの有害な物質を含んでいますが、サトイモ科の植物の塊茎がシュウ酸を含んでいるなど、塊茎に有害な物質を含む植物は少なくありません。
自らが繁殖するために栄養をためた塊茎が、外敵に食べられないように、有害な物質も含むようになったという説があります。

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

代表:03-3502-8111(内線4459)
ダイヤルイン:03-3502-7674
FAX番号:03-3597-0329

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader