このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

シンガポール

  • 印刷

更新日:2017年3月1日


 シンガポール農食品・獣医局(AVA)は、2013年5月に、包装容器入り食用油脂に含まれるトランス脂肪酸に関して、食品規則(Food Regulation)上の規制を施行しました。

 規制の概要は以下のとおりです。 
 

  • 販売を目的とする、又は食品の原材料として使用される包装容器入り食用油脂は、重量比で2%を超えるトランス脂肪酸を含んではならない。
  • 本規則における「トランス脂肪酸」は、少なくとも1つのメチレン基で隔てられたトランス型の非共役炭素-炭素二重結合をもつ、一価不飽和脂肪酸又は多価不飽和脂肪酸の幾何異性体を意味する。
  • 販売を目的とする包装容器入り食用油脂の包装には、栄養成分表示(エネルギー、たんぱく質、炭水化物、脂質、トランス脂肪酸、その他強調表示をする栄養素の表示)をしなければならない。

 なお、本規則の「食用油脂(Edible fat and oil)」の項目には、ココナッツ油、コーン油、綿実油、ピーナッツ油、オリーブ油、サフラワー油、ゴマ油、大豆油、ヒマワリ油、獣油、ラード、マーガリン、ファットスプレッド、バナスパチが分類されています。バターは「食用油脂」ではなく「乳及び乳製品(Milk and milk products)」に分類されているため、この規制の対象外です。

参考リンク

Food Regulations(シンガポール法令オンライン)〔外部リンク〕

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader