このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

オーストリア

  • 印刷
平成28年12月6日更新
オーストリアは、2009年に「トランス脂肪酸規則」を公表し、全ての油脂又は油脂を含む食品を対象に、トランス脂肪酸の含有量について規制を導入しました。規制の内容は次のとおりです。
  • 総脂質100 gあたり、2 g以上のトランス脂肪酸を含む食品を、オーストリア国内の市場で流通させることを禁止する。

  • 総脂質が20%未満の製品については、総脂質100 gあたり、4 gを超えるトランス脂肪酸を含んではならない。

  • 総脂質が3%未満の製品については、総脂質100 gあたり、10 gを超えるトランス脂肪酸を含んではならない。
なお、この規則は、トランス脂肪酸を「少なくとも1つのトランス型の二重結合をもつ不飽和脂肪酸であり、多価不飽和脂肪酸の場合、トランス型を含む二重結合の間が、少なくとも1つのメチレン基で隔てられているもの」と定義しています。また、動物起源の油脂に由来するトランス脂肪酸は、この規則の対象外です。

参考リンク

Trans-Fettsäuren-Verordnung(PDF: 23.2KB)トランス脂肪酸規則)(外部リンク)
Questions and Answers on Trans-Fatty Acids (オーストリア保健・食品安全局)(外部リンク)