ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 加工・調理食品の安全確保 > トランス脂肪酸に関する情報 > トランス脂肪酸について国際的に行われている取り組み > 米国 > 食用の部分水素添加油脂の食品への使用規制にあたっての米国の摂取量推定やコスト・ベネフィット推計


ここから本文です。

食用の部分水素添加油脂の食品への使用規制にあたっての米国の摂取量推定やコスト・ベネフィット推計

 また、2010年から2012年の間に、部分水素添加油脂由来のトランス脂肪酸摂取量は、約23%減少、2003年と2012年では、約72%減少したと推計しています(2003年の段階では、部分水素添加油脂由来のトランス脂肪酸摂取量は1日当たり4.6 gで、総エネルギー摂取量の2.0%に相当)。

(参考1)

2013年に、アメリカ国立衛生研究所の専門家パネルは、以下のように評価しています。

総エネルギー摂取量に対するトランス脂肪酸の摂取量を1.0%他の脂肪酸と置き換えると、

血中のLDLコレステロール濃度は、一価不飽和脂肪酸に置き換えた場合では1.5 mg/dl(dl: デシリットル)低下し、多価不飽和脂肪酸に置き換えた場合では2.0 mg/dl低下する。

血中のHDLコレステロール濃度は、飽和脂肪酸に置き換えた場合では0.5 mg/dl、一価不飽和脂肪酸に置き換えた場合では0.4 mg/dl、多価不飽和脂肪酸に置き換えた場合では0.5 mg/dl増加する。

(参考2)

FDAによるパブリックコメントでは、総エネルギー摂取量の1%未満に相当する少ないトランス脂肪酸摂取であってもトランス脂肪酸摂取量とLDLコレステロールの増加が比例関係(線形関係)にあり冠動脈性心疾患(CHD)のリスクがあるというFDAの見解に対し反対意見も寄せられています。

この点について、FDAは、

総エネルギー摂取量の0.4%から2.8%に相当するトランス脂肪酸摂取量でLDLコレステロール濃度の増加が示されていること

1995年から2010年にかけて発表された複数の学術論文が一貫してトランス脂肪酸の摂取とCHDのリスクを示唆する報告をしていること

低摂取量であればトランス脂肪酸の摂取量とLDLコレステロール濃度の増加が比例関係(線形関係)にないとの研究もあるが学術論文として発表されておらず、低摂取量であれば「安全であると一般的に認識されている」との専門家のコンセンサスがあるとは言えないこと

等を指摘しています。

参考リンク

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図