ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 水産動物の病気を防ぐために(水産動物の衛生及び水産動物の感染症について) > 水産防疫制度の見直しについて


ここから本文です。

更新日:平成28年4月21日

担当:畜水産安全管理課水産安全室

水産防疫制度の見直しについて

農林水産省では、水産動物の疾病の侵入及びまん延を防ぐため、水産資源保護法に基づく輸入防疫や持続的養殖生産確保法に基づく国内防疫等を行っています。

水産防疫体制の強化を図るため、輸入防疫及び国内防疫の対象疾病及び対象動物等を見直し、これにより、水産資源保護法施行規則及び持続的養殖生産確保法施行規則の一部を改正する省令(平成28年農林水産省令第3号)が平成28年1月27日付けで公布され、平成28年7月27日から施行されることとなりました。

関連通知

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
担当者:水産防疫班
代表:03-3502-8111(内線4539)
ダイヤルイン:03-6744-2105
FAX:03-3502-8275

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図