このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

 

更新日:平成28年10月7日

担当:消費・安全局植物防疫課防除班

病害虫防除に関する情報

農作物の安定生産のためには、適期の病害虫防除が必要です。農林水産省では、病害虫防除が適切に実施されるよう、都道府県等の関係機関と連携して、発生予察事業による病害虫の発生予測、総合的病害虫・雑草管理(IPM)の推進、農薬飛散低減対策の指導等を実施しています。

発生予察事業

病害虫のまん延は、我が国の農業に重大な損害を与えるおそれがあり、かつ、県境を越えて拡大するため、国と都道府県は協力して病害虫の防除を行い、まん延を防止する必要があります。このため、都道府県の協力のもとに、病害虫の発生状況、気象、作物の生育状況等の調査を実施し、その後の病害虫の発生を予測し、それに基づく情報を農業関係者に提供する発生予察事業を実施しています。

病害虫発生予察情報 

都道府県病害虫防除所

指定有害動植物

指定有害動植物の見直し検討会

 

総合的病害虫・雑草管理(IPM)

総合的病害虫・雑草管理(IPM:Integrated Pest Management)とは、病害虫の発生状況に応じて、天敵(生物的防除)や粘着板(物理的防除)等の防除方法を適切に組み合わせ、環境への負荷を軽減しつつ、病害虫の発生を抑制する防除体系です。
農林水産省では、病害虫や雑草の防除のために農薬に依存してしまう防除ではなく、IPMの考え方を取り入れた従来以上に環境負荷を軽減する防除を推進しています。また、農薬に対する抵抗性や耐性を獲得してしまった防除困難な病害虫について、IPMの考え方に基づく総合的な防除対策による効率的・効果的な防除体系の確立・導入に取り組んでいます。

総合的病害虫・雑草管理(IPM)実践指針

総合的病害虫・雑草管理(IPM )検討会

地域におけるIPM推進の取組事例

IPMフォーラム(消費者等との意見交換会)

IPMに関する情報(研究開発リンク)



農林水産航空事業

農林水産業において有人ヘリコプターや無人ヘリコプターを利用して行う農薬散布等の作業(農林水産航空事業)は、水稲、畑作、果樹、森林等の病害虫防除のほか、播種、施肥、森林管理の諸作業、各種調査等、農林水産業の各分野において実施されており、農作業の効率化及び低コスト化に寄与しています。
農林水産省では、農林水産航空事業が安全かつ適正に実施されるよう、安全対策や実施基準等を定め、都道府県等の関係機関と連携して指導を行っています。

農林水産航空事業について(PDF:72KB)

農林水産航空事業の実施計画について

農林水産航空事業の実施状況について

有人ヘリコプターに関する情報

無人航空機(無人ヘリコプター等)に関する情報

 

農薬飛散(ドリフト)低減対策

平成18年5月に、食品衛生法に基づく残留基準値が設定されていない農薬等が一定量以上含まれる食品の販売等を原則禁止する制度(いわゆる「ポジティブリスト制度」)が導入されたこと等に伴い、農薬散布時に農薬飛散(ドリフト)低減対策を徹底することが重要となっています。

 農薬飛散(ドリフト)低減対策に関する情報

 

地域特産作物(マイナー作物)の農薬適用拡大の促進

地域特産作物(マイナー作物)は、農薬需要量も少ないことから、使用可能な農薬が少ない傾向にあります。このため農林水産省では、農薬登録に必要な試験データを効率的に作成するため、都道府県、農薬メーカー間の調整を図る等の取り組みを行っています。

地域特産作物(マイナー作物)への病害虫防除用農薬の適用拡大に向けた手順

 登録実績

 

農産物輸出促進のための新たな防除体系の確立

農産物の輸出促進につなげるよう、輸出重点品目について、輸出相手国での残留農薬基準が設定されていない農薬等の使用を低減する全国の産地で活用できる標準的な防除体系を新たに確立し、その効果の提示を行いつつ産地へ導入することを目的とした事業を実施しています。

 農林水産物等の輸出促進対策

 

臭化メチル削減対策

臭化メチルは、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書締約国会合で、フロンなどと同様にオゾン層破壊物質として指定され、一部の土壌くん蒸等の臭化メチルが必要不可欠な処理については、「不可欠用途」として使用が認められています。しかし、国際的な地球環境保護の観点から、不可欠用途であっても全廃すべきという動きが近年進んでおり、我が国においても、「不可欠用途臭化メチルの国家管理戦略」を策定し、臭化メチル全廃に向け、代わりとなる技術の開発・普及に取り組んでいます。

 臭化メチル削減対策に関する情報

 

薬剤抵抗性対策

病害虫の防除において、同一系統の薬剤の連続使用等により、薬剤抵抗性を持つ病害虫の存在が顕在化してきており、防除が困難となってきています。このため農林水産省では、都道府県、研究分野、関係団体及び農薬メーカーと連携し、薬剤抵抗性対策に取り組んでいます。

薬剤抵抗性対策に関する情報

 

各種資料

会議・講演等資料

技術情報等

植物防疫年報

 

リンク集

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
担当者:防除班
代表:03-3502-8111(内線4562)
ダイヤルイン:03-3502-3382
FAX:03-3502-3386