このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

植物検疫措置に関する国際基準(ISPM)の策定ステップ

  • 印刷
平成24年6月13日更新

担当:植物防疫課

ISPMの策定は以下のステップで行われます。 

ステップ1

加盟国に対し新規のISPMの企画書案の募集が行われる。

ステップ2

基準委員会による評価結果を考慮して、総会で新規のISPM策定を決定する。

ステップ3

基準委員会が企画書案を検討し、加盟国のコメントを求める。

加盟国のコメントを踏まえ、基準委員が企画書案を修正し、企画書を策定する。

ステップ4

企画書に基づいて技術パネル又は専門家作業部会がISPM案を策定する。

ステップ5

基準委員会がISPM案を検討し、1回目の加盟国のコメントを求める。

ステップ6

1回目の加盟国のコメントを踏まえ、基準委員会がISPM案を修正し、2回目の加盟国のコメントを求める。

2回目の加盟国のコメントを踏まえ、基準委員会がISPM案を修正し、総会に提出する。

ステップ7

総会でISPM案の採択を諮る。

ステップ8

採択されたISPMが公表される。

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課検疫対策室
担当者:検疫企画班
代表:03-3502-8111(内線4561)
ダイヤルイン:03-3502-5978
FAX:03-3502-3386