このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

貝毒の特徴

  • 印刷
  • 毒素を含むプランクトンを貝などが食べ、その毒素を蓄積します。
  • 主に二枚貝(ホタテガイやアサリなど)に蓄積します。
  • 症状により、麻痺性貝毒や下痢性貝毒に分類され、複数の毒成分からなっています。
  • 毒成分は熱に強く、加熱調理しても毒性は弱くなりません。
  • 毒素を含むプランクトンがいなくなれば、その海域の二枚貝等の毒は体内から減少します。

解説

  • 貝毒とは、主に二枚貝(ホタテガイやアサリなど)が毒素を持った植物プランクトンを餌として食べることによって、体内に毒を蓄積させる現象です。
  • 毒が蓄積した貝類をヒトが食べると、中毒症状を引き起こすことがあります。貝毒は、その症状により、麻痺性貝毒や下痢性貝毒、神経性貝毒、記憶喪失性貝毒などに分類され、複数の毒成分群からなります。
  • なお、これらの毒成分は、熱に強く、加熱調理しても毒性は弱くなりません。
  • このような貝毒のうち、日本で問題となるのは、麻痺性貝毒と下痢性貝毒です。
  • 貝毒は、餌となる植物プランクトン由来の毒素で、プランクトンが発生しなくなれば、二枚貝等の体内の毒は、減少する特徴があります。

 

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
ダイヤルイン:03-6744-2105
FAX:03-3502-8275