このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成24年9月18日

担当:消費・安全局畜水産安全管理課

登録申請(詳細)

新規で獣医師免許の交付を受けようとする場合の申請方法(詳細)

獣医師免許を受けるための手続

獣医師法(昭和24年法第186号)第3条の規定により、獣医師の免許を受けようとする者は、申請書に次に掲げる書類を添え、登録免許税(30,000円)及び手数料(2,000円)の額に相当する金額(合計32,000円分)の収入印紙を貼り付けて、農林水産大臣に提出してください。

様式(ワード:45KB)

申請書(獣医師法施行規則第一号様式)

登録免許税(30,000円)及び手数料(2,000円)の額に相当する金額(合計32,000円)の収入印紙を申請書に貼り付けけてください。

獣医師国家試験に合格したことを証する書面 (原本)

戸籍謄本又は戸籍抄本

(日本の国籍を有しない者にあっては、住民票の写し又は住民票記載事項証明書(住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第7条第1号から第3号まで及び第7号に掲げる事項並びに同法第30条の45に規定する国籍等を記載したものに限る。)

・発行後6ヶ月以内のもの

視覚、聴覚、音声機能若しくは言語機能、上肢の機能若しくは精神の機能の障害又は麻薬、大麻若しくはあへんの中毒者であるかないかに関する医師の診断書

(上記、様式の中の「診断書」の書式を参考にしてください。なお、検査項目については、必要最低限のみの記載なので、これらの項目以上に受診していただいても構いません。)

・発行後1ヶ月以内のもの

成年被後見人又は被保佐人に該当することの有無に関し、後見登記等に関する法律(平成11年法第152号)第10条第1項第1号の規定により登記官が交付する登記事項証明書(登記されていないことの証明書)。

・証明事項は、本籍地、氏名、生年月日、住所とすること。

全国の法務局・地方法務局で発行手続を行っています。(詳細はこちら)〔外部リンク〕)

・発行後6ヶ月以内のもの

罰金以上の刑に処せられたことがない者にあってはその旨を記した書面、罰金以上の刑に処せられた者にあっては判決書謄本

(罰金以上の刑に処せられたことがない者は、上記様式の中の「申告書」の書式を参考にしてください。)

(罰金以上の刑に処せられたことがある者は、刑の確定年月日が記載されているものを用意してください。なお、裁判に対応した検察庁又は本籍を管轄する地方検察庁で発行手続を行っています。)

(裁判中で刑が確定していない等の場合はその旨を下記問合せ先に連絡してください。)

 


 

以上の書類を整備の上、

〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課獣医事班

宛てに送付してください。

注意:

封筒には必ず「獣医師免許申請書在中」と朱書きし、簡易書留郵便等配達証明が可能な方法で送付してください。

交付に当たっては、通常、1か月半から2か月程度お待ちいただいておりますが御了承願います。

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:獣医事班
代表:03-3502-8111(内線4530)
ダイヤルイン:03-3501-4094
FAX:03-3502-8275