このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:平成31年3月29日
担当:農林水産省

平成30年農道整備状況調査

調査結果

農道の総延長距離(平成30年8月1日現在)は17万2,116kmとなり、そのうち舗装済延長距離は6万2,459km(舗装率36.3%)となっている。
また、総延長距離を幅員別にみると、幅員1.8~4.0mが9万5,503km、幅員4.0m以上が7万6,613kmとなっている。

表 農道の総延長距離及び舗装率

農道とは、土地改良法に基づく土地改良事業で造成され、農道として農道台帳により管理されている幅員1.8m以上の道路をいう。
(なお、事業は終了しているが、国立研究開発法人森林研究・整備機構法に基づく農用地総合整備事業、特定中山間保全整備事業又はふるさと農道緊急整備事業により造成された幅員 1.8m以上の道路も含む。)
ただし、農道として造成された道路であっても、既に都道府県道、市町村道に認定されている道路は含まない。

 

調査結果の利活用
• 農業農村整備の推進及び地方交付税の算定の資料

 

お問合せ先

大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室

担当者:農林漁業構造統計班
代表:03-3502-8111(内線3664)
ダイヤルイン:03-3502-8093
FAX:03-5511-7282