このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:平成31年2月5日
担当:農林水産省

平成30年産かんしょの作付面積及び収穫量

― かんしょの収穫量は、前年産に比べ1%減少 ―

調査結果

  1. 作付面積
    全国の作付面積は3万5,700haで、前年産並みであった。

  2. 10a当たり収量
    全国の10a当たり収量は2,230kg
    で、前年産に比べ2%下回った
    なお、10a当たり平均収量対比は97%となった。

  3. 収穫量
    全国の収穫量は79万6,500tで、前年産に比べ1万600t(1%)減少した。

 

図1 かんしょの作付面積、10a当たり収量及び収穫量の推移図2 平成30年産かんしょの都道府県別収穫量及び割合 

 

調査結果の主な利活用
• 食料・農業・農村基本計画における生産努力目標の策定及び達成状況検証のための資料
• かんしょに関する生産振興に資する各種事業(強い農業づくり交付金等)の推進のための資料

 

累年データ

かんしょの作付面積、10a当たり収量及び収穫量の推移

資料: 農林水産省統計部『作物統計』

 

関連データ

かんしょの消費量の用途別割合(平成28年産)

資料: 農林水産省政策統括官『いも・でん粉に関する資料』
注: 1 全国の作付面積のおおむね8割を占めるまでの都道府県を掲載した。
2 その他は種子用、飼料用等である。

 

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課

<作付面積に関すること>
担当者:面積統計班
代表:03-3502-8111(内線3681)
ダイヤルイン:03-6744-2045
FAX:03-5511-8771

<収穫量に関すること>
担当者:普通作物統計班
代表:03-3502-8111(内線3682)
ダイヤルイン:03-3502-5687
FAX:03-5511-8771