このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:平成31年4月23日
担当:農林水産省

平成30年産指定野菜(春野菜、夏秋野菜等)の作付面積、収穫量及び出荷量
併載:平成30年産きゅうり、なす、トマト及びピーマンの年間計

― 春野菜の収穫量は前年産に比べ2%減少、夏秋野菜は同4%減少、たまねぎは同6%減少 ―

調査結果の概要

1 春野菜

作付面積は3万5,900haで、前年産と比べ500ha(1%)減少した。
収穫量は195万8,000t出荷量は181万6,000tで、前年産に比べそれぞれ3万5,000t(2%)3万3,000t(2%)減少した。

2 夏秋野菜

作付面積は6万4,200haで、前年産に比べ1,500ha(2%)減少した。
収穫量は227万6,000t出荷量は197万7,000tで、前年産に比べそれぞれ10万1,000t(4%)7万8,000t(4%)減少した。

3 たまねぎ

作付面積は2万6,200haで、前年産に比べ600ha(2%)増加した。
収穫量は115万5,000t出荷量は104万2,000tで、前年産に比べそれぞれ7万3,000t(6%)5万7,000t(5%)減少した。

図1平成30年産春野菜、夏秋野菜、たまねぎの作付面積、収穫量及び出荷量(全国)

 表1平成30年産春野菜、夏秋野菜等の季節品目別作付面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

<平成30年産(4品目)の年間計>

  
今回の春野菜及び夏秋野菜の調査結果で年間計となる、きゅうり、なす、トマト及びピーマンの年間計を併載した。


表2平成30年産野菜(4品目)の作付面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)



お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課

担当者:園芸統計班
代表:03-3502-8111(内線3680)
ダイヤルイン:03-6744-2044
FAX:03-5511-8771