このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

生鮮食料品価格・販売動向調査

  • 印刷

1. 調査の概要

本調査は生鮮野菜の小売段階における国産標準品、高付加価値品(有機栽培品、特別栽培品)、輸入品別の価格及び販売数量の動向を把握することにより、国内農業を振興するための各種施策に必要な基礎資料を得ることを目的としています。なお、平成21年調査からは、民間競争入札を実施し、民間事業者が業務を実施しています。

2. 入札対象とする業務の内容

実査準備(調査関係用品の印刷、調査客体の選定、調査客体への協力依頼)、実査(調査関係用品の配付、オンライン調査システムの回答者情報登録、調査客体からの問い合わせ・苦情等への対応、調査票の回収・督促)、審査(調査票の内容審査、調査客体への疑義照会)、調査票データの電子化、集計(調査票データの集計)、第1報統計表及び報告書統計表の作成・審査、調査客体への謝礼支給

3. 民間競争入札実施要項

4. 落札者の決定について

5. 落札者決定に伴う契約の締結について

6.民間事業者による対象公共サービスの実施状況

農林水産省では、当省所管の生鮮食料品価格・販売動向調査(一般統計)について「公共サービス改革基本方針」(平成22年7月6日閣議決定)に従い、官民競争入札等監理委員会の審議を経て、「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」(平成18年法律第51号)に基づく民間競争入札を行い、事業を実施しております。
「生鮮食料品価格・販売動向調査における民間競争入札実施要項」に基づき、事業の実施状況について公表いたします。

 

 

お問い合わせ先

大臣官房統計部統計企画管理官
担当者:民間委託推進班
代表:03-3502-8111(内線3591)
ダイヤルイン:03-6744-2229

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader