このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

油糧生産実績調査の概要

  • 印刷

調査の目的

油糧生産実績調査は、国民の食生活上欠くことのできない植物油脂等の生産状況を把握し、植物油脂施策の基礎資料とすることを目的とする。

調査の対象

油糧生産実績調査は、全国の植物油脂製造工場を有する企業を調査対象としている。

調査事項

(1)原料

処理量

当月中に搾油処理した原料の数量

月末在庫量

当月末日において、当該企業の工場又は倉庫に保管されている原料の数量

(2)油脂(原油)

生産量

当月中に生産した原油の数量

月末在庫量

当月末日において、当該企業の工場、倉庫、タンクターミナルに保管されている原油の数量

(3)油かす

生産量

当月中に生産した油かすの数量

月末在庫量

当月末日において、当該企業の工場又は倉庫に保管されている油かすの数量

 

*原料の種類別(大豆、菜種等)、国産・輸入原料別に調査。

調査の時期

調査対象期間は毎年1月1日から12月31日までとし、毎月末日現在で調査を行う。

調査の方法

全国の調査対象企業に、調査票を電子メールもしくは郵送、FAXにより送付・回収する自計申告調査の方法

集計・推計方法

合計値は、各調査対象企業の調査結果を原料の種類ごと、国産・輸入原料ごとに、単純積み上げで算出している。

用語の解説

 「可食油計」とは大豆、なたね、からし、米ぬか、綿実、サフラワー、ごま、とうもろこ し、落花生、ひまわりの10品目の合計である。

利用上の注意

 年計結果は、調査票の提出期限に未到着であったもの、あるいは数値の記入誤り等の訂正報告をもとに月別に修正してあるので、月別結果とは必ずしも一致しない。

お問い合わせ先

食料産業局食品製造課
担当者:食品第1班
代表:03-3502-8111(内線4111)
ダイヤルイン:03-6744-0480