ホーム > 組織・政策 > 統計情報 > 平成20年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量(訂正版)


ここから本文です。

更新日:平成21年5月28日
(平成21年6月5日訂正)

担当:農林水産省

平成20年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量(訂正版)

― みかんの収穫量は、前の裏年の18年産に比べて8%増加 ―

調査結果の概要

1 結果樹面積

結果樹面積は4万8,300haで、中山間地の条件不利地や老木園の廃園、その他かんきつ類への転換等から、前の裏年である18年産 注1 に比べて2,000ha(4%)減少した。

2 収穫量・出荷量

収穫量は90万6,100t出荷量は80万7,700tで、低温・日照不足等の影響から作柄の悪かった18年産に比べてそれぞれ6万4,200t(8%)、6万4,500t(9%)増加した。

図1 みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量の推移(全国)

結果樹面積とは、農家が当該年産の収穫を意図して結果させた栽培面積をいう。
収穫量とは、収穫したもののうち、生食用、加工用として流通する基準を満たすものの重量をいう。
出荷量とは、収穫量から、生産者の自家消費、生産物を贈与した量、収穫後の減耗等を差し引いた重量をいう。


注:1  みかんは、果実数が多くなる年(表年)と少なくなる年(裏年)とが交互に発生する現象(隔年結果)が顕著であり、20年産は裏年であることから統計結果の対比については前の裏年(18年産)と行った。
2  本年産は主産県を対象に調査を実施しており、全国値については主産県の結果を基に推計した。

この統計調査結果で使用している統計表は、以下のアドレスからデータとしてご利用いただけます。
http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/mikan08/mikan08.xls

関連するデータ、情報

調査結果の利活用
・果実を安定的に供給するための国及び都道府県における生産努力目標 の策定を行う際の資料
・農業災害補償法に基づく共済事業の適正な運営のための資料

関連データ

1 累年統計表

累年統計表

2 みかんの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

みかんの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

3 みかんの一世帯当たり年間の支出金額及び購入数量の推移

みかんの一世帯当たり年間の支出金額及び購入数量の推移

4 平成10年産(10年前)と20年産におけるみかんの収穫量上位3県の比較

平成10年産(10年前)と20年産におけるみかんの収穫量上位3県の比較

調査結果

1 結果樹面積は4万8,300haで、18年産に比べて2,000ha(4%)減少した。
これは、中山間地の条件不利地や老木園の廃園、その他かんきつ類への転換等が進んだためである。

2 収穫量は90万6,100t、出荷量は80万7,700tで、18年産に比べてそれぞれ6万4,200t(8%)、6万4,500t(9%)増加した。
これは、前の裏年だった18年産の作柄が、低温・日照不足等の影響より悪かったことに比べて、本年産は被害も少なく、天候に恵まれたためである。

3 都道府県別にみた収穫量割合は、和歌山県が19%、愛媛県が16%、静岡県が13%となっており、この3県で全国の約5割を占めている。

図2 みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量の推移
図3 みかんの都道府県別収穫量割合
表 平成20年産みかんの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

お問い合わせ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課 
担当者:園芸統計班
代表:03-3502-8111(内線3680)
ダイヤルイン:03-6744-2044

 

ページトップへ


アクセス・地図