このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:平成28年11月22日
担当:農林水産省

平成28年産びわ、おうとう、うめの結果樹面積、収穫量及び出荷量

― びわの収穫量は前年産に比べ44%減少、
    おうとうは同9%増加、うめは同5%減少 ―

調査結果の概要

1 びわ

全国の結果樹面積(注)は1,330haで、前年産に比べ70ha(5%)減少した。
収穫量は2,000t出荷量は1,620tで、前年産に比べそれぞれ1,570t(44%)、1,280t(44%)減少した。

 

2 おうとう

全国の結果樹面積は4,420haで、前年産並みとなった。
収穫量は1万9,800t出荷量は1万7,700tで、前年産に比べそれぞれ1,700t(9%)、1,400t(9%)増加した。

 

3 うめ

全国の結果樹面積は1万5,600haで、前年産に比べ300ha(2%)減少した。
収穫量は9万2,700t出荷量は8万800tで、前年産に比べそれぞれ5,200t(5%)、4,200t(5%)減少した。

 図1 びわ、おうとう、うめの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)
図1 びわの収穫量(全国)図2 おうとうの収穫量(全国)図3 うめの収穫量(全国) 注:結果樹面積とは、栽培面積のうち生産者が果実を収穫するために結実させた面積をいう。

 

調査結果の主な利活用
• 果実を安定的に供給するための生産努力目標の策定及びその達成に向けた各種対策の推進のための資料
• 農業災害補償法(昭和22年法律第185号)に基づく果樹共済事業の適正な運営のための資料

 

累年データ

 

1 びわの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)
2 おうとうの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)
3 うめの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

 

関連データ

 

1 びわの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

2 おうとうの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

3 うめの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

 

調査結果

図2 びわの結果樹面積、収穫量及び出荷量の推移(全国)

 

図3 びわの都道府県別収穫量

1 びわ

 

(1)全国の結果樹面積は1,330haで、前年産に比べ70ha(5%)
        減少した。
        これは、高齢化による労力不足に伴う廃園があったこと等による。

 

(2)全国の10a当たり収量は150kgで、前年産に比べ105kg(41
        %)下回った。
        これは、1月下旬の低温及び降雪の影響により果実の凍死があ
        ったこと等による。

 

(3)全国の収穫量は2,000t、出荷量は1,620tで、前年産に比べ
        それぞれ1,570t(44%)、1,280t(44%)減少した。

 

(4)全国の都道府県別の収穫量割合は、長崎県が24%、千葉県が
        22%、香川県が12%となっており、この3県で全国の約6割を占
        めている。

 
表1 平成28年産びわの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

 

図4 おうとうの結果樹面積、収穫量及び出荷量の推移(全国)
図5 おうとうの都道府県別収穫量

2 おうとう

 

(1)全国の結果樹面積は4,420haで、前年産並みとなった。

 

(2)全国の10a当たり収量は448kgで、前年産に比べ40kg(10%)
        上回った。
        これは、山形県において、開花期の天候に恵まれ着果数が多かっ
        たこと、生育期間の適度な降雨により果実の肥大が良好だったこと
        等による。

 

(3)全国の収穫量は1万9,800t、出荷量は1万7,700tで、前年産に比
        べそれぞれ1,700t(9%)、1,400t(9%)増加した。

 

(4)全国の都道府県別の収穫量割合は、山形県が全国の約8割を占め
        ている。

 
表2 平成28年産おうとうの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

 

図6 うめの結果樹面積、収穫量及び出荷量の推移(全国)
図7 うめの都道府県別収穫量

3 うめ

 

(1)全国の結果樹面積は1万5,600haで、前年産に比べ300ha(2%)
        減少した。

 

(2)全国の10a当たり収量は594kgで、前年産に比べ22kg(4%)下回
        った。

 

(3)全国の収穫量は9万2,700t、出荷量は8万800tで、前年産に比べ
        それぞれ5,200t(5%)、4,200t(5%)減少した。

 

(4)全国の都道府県別の収穫量割合は、和歌山県が全国の約7割を占め
        ている。

 
表3 平成28年産うめの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

 

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課

担当者:園芸統計班
代表:03-3502-8111(内線3680)
ダイヤルイン:03-6744-2044