このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:平成29年7月27日
担当:農林水産省

平成29年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)

― 高知県、宮崎県及び鹿児島県における早期栽培の作柄は、『やや良』又は『良』の見込み ―

調査結果

西南暖地の早期栽培の作柄は、高知県及び宮崎県で『やや良』、鹿児島県で『良』が見込まれる。これは、田植期以降おおむね天候に恵まれたことにより穂数及び全もみ数が「やや多い」ないし「多い」と見込まれ、台風等の被害も少ないと見込まれるためである。

沖縄県の第一期稲の作柄は、田植期以降の低温・日照不足や虫害等の影響により『やや不良』が見込まれる。

表 平成29年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)

 

水稲調査結果の主な利活用
• 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(平成6年法律第113号)に基づき毎年定めることとされている米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針及び米穀の需給見通しのための資料
• 食料・農業・農村基本計画における生産努力目標の策定及び達成状況検証のための資料
• 米・畑作物の収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)の交付金算定のための資料
• 農業災害補償法(昭和22年法律第185号)に基づく農作物共済事業における共済基準収穫量算定のための資料

 

累年データ

1 西南暖地における早期栽培等の10a当たり収量及び作況指数の推移 

2 西南暖地における早期栽培等の収穫量の推移

 

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課
担当者:普通作物統計班
代表:03-3502-8111(内線3682)
ダイヤルイン:03-3502-5687
FAX:03-5511-8771