このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

青果物流通統計旬報(平成21年8月下旬分)

  • 印刷
平成21年9月8日更新

担当:農林水産省

- 前年同旬に比べ、キャベツの卸売価格は82%上昇、すいかの卸売価格は65%上昇
前旬に比べ、ばれいしょの卸売価格は31%低下、日本なしの卸売価格は8%低下 -

調査結果の概要

1 野菜

  1. 平成21年8月下旬の主要卸売市場における野菜の卸売数量は110千tで、前年同旬並みであり、前旬に比べ26%増加した。
  2. 野菜の卸売価格は1kg当たり232円で、前年同旬に比べ17%上昇した。
    これは、キャベツの卸売価格が前年同旬に比べ50円(82%)上昇したことなどによる。
  3. また、野菜の卸売価格は前旬に比べ8%低下した。
    これは、ばれいしょの卸売価格が前旬に比べ61円(31%)低下したことなどによる。
図1 キャベツの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場)
表1 野菜の主要品目の卸売数量・価額・価格

主要卸売市場とは、全国の主要都市に所在する青果物中央卸売市場の19市場(30卸売会社)をいう。


この統計調査結果は、「青果物日別取扱高統計(日々の卸売数量及び卸売価額を開市日翌日に公表)」結果を取りまとめたものです。
この統計調査結果で使用している統計表は、以下のアドレスからデータとして利用いただけます。
http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/seika-ryutu2009-8-3/seika-ryutu2009-8-3.xls

2 果実

  1. 主要卸売市場における果実の卸売数量は38千tで、前年同旬に比べ6%増加し、前旬に比べ11%増加した。
  2. 果実の卸売価格は1kg当たり289円で、前年同旬に比べ7%上昇した。
    これは、すいかの卸売価格が前年同旬に比べ51円(65%)上昇したことなどによる。
  3. また、果実の卸売価格は前旬に比べ2%低下した。
    これは、日本なしの卸売価格が前旬に比べ23円(8%)低下したことなどによる。
図2 すいかの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場)
表2 果実の主要品目の卸売数量・価額・価格

お問い合わせ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課消費統計室
担当者:流通動向第1班
代表:03-3502-8111(内線3713)
ダイヤルイン:03-6744-2047