ホーム > 組織・政策 > 統計情報 > 分野別分類/作付面積・生産量、被害、家畜の頭数など > 作物統計 > 作況調査(果樹) > 平成20年産びわ、おうとう、うめの収穫量及び出荷量


ここから本文です。

更新日:平成20年11月28日

担当:農林水産省

平成20年産びわ、おうとう、うめの収穫量及び出荷量

― びわの収穫量は、前年産に比べて25%増加 ―

【調査結果の概要】

1 びわ

びわの収穫量は7,110tで、おおむね天候に恵まれ果実の肥大が促進されたことに加え、長崎県で作柄が悪かった前年産に比べて結果数が多くなったことから前年産に比べて1,400t(25%)増加した。

2 おうとう

おうとうの収穫量は1万7,000tで、山形県において開花期の低温の影響により、受精不良が発生し、結果数が少なく作柄が悪かったものの、前年産に比べると結果数が多くなったことから前年産に比べて400t(2%)増加した。

3 うめ

うめの収穫量は12万1,000tで、和歌山県で開花期の低温の影響により結果数は減少したものの、おおむね天候に恵まれ果実の肥大が促進されたことから、前年産並みとなった。

図1 びわ、おうとう、うめの収穫量の推移(全国)
結果樹面積とは、農家が当該年産の収穫を意図して結果させた栽培面積をいう。
収穫量とは、収穫したもののうち、生食用、加工用として流通する基準を満たすものの重量をいう。
出荷量とは、収穫量から、生産者の自家消費、生産物を贈与した量、収穫後の減耗等を差し引いた重量をいう。
注:本年産は主産県を対象に調査を実施しており、全国値については主産県の結果を基に推計した。この統計調査結果で使用している統計表は、以下のアドレスからデータとしてご利用いただけます。【http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/biwa2008/biwa2008.xls】

【関連するデータ、情報】

調査結果の利活用
・ 果実を安定的に供給するための国、都道府県における生産努力目標の策定を行う際の資料
・ 農業災害補償法に基づく共済事業の適正な運営のための資料

 関連データ

1 累年統計表

1 累年統計表

2 びわ、おうとう、うめの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

2 びわ、おうとう、うめの卸売数量及び卸売価格の推移(主要卸売市場・国産)

【調査結果】

1 びわ

平成20年産びわの収穫量は7,110t、出荷量は5,780tで、前年産に比べてそれぞれ1,400t(25%)、1,190t(26%)増加した。

  1. 結果樹面積は1,710haで、前年産に比べて30ha(2%)減少した。
    これは、生産者の高齢化に伴う労働力事情等による廃園等が進んだためである。
  2. 10a当たり収量は416kgで、前年産に比べて27%上回った。
    これは、おおむね果実肥大期の天候に恵まれ、果実の肥大が促進されたことに加え、長崎県で18年の台風による樹勢低下の影響により作柄が悪かった前年産に比べて結果数が多くなったためである。
  3. 都道府県別にみた収穫量割合は、長崎県が31%、千葉県が10%、香川県及び鹿児島県が9%となっており、この4県で全国の約6割を占めている。
図2 びわの結果樹面積、収穫量及び図3 びわの都道府県別収穫量割合
表1 平成20年産びわの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

2 おうとう

平成2 0年産おうとうの収穫量は1万7 ,000t、出荷量は1万5,000tで、前年産に比べてそれぞれ400t(2%)、100t(1%)増加した。

  1. 結果樹面積は4,490haで、前年産並みとなった。
  2. 10a当たり収量は379kgで、前年産に比べて2%上回った。
    これは、山形県において開花期の低温の影響により、受精不良が発生し、結果数が少なく作柄が悪かったものの、更に作柄が悪かった前年産に比べると結果数が上回ったためである。
  3. 都道府県別にみた収穫量割合は、山形県が全国の約7割を占めている。
図4 おうとうの結果樹面積、収穫量及び図5 おうとうの都道府県別収穫量割合
表2 平成20年産おうとうの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

3 うめ

平成20年産うめの収穫量は12万1,000tで前年産並み、出荷量は10万3,600tで前年産に比べて800t(1%)増加した。

  1. 結果樹面積は1万7,400haで、前年産に比べて100ha(1%)減少した。
    これは、生産者の高齢化に伴う労働力事情等による廃園等が進んだためである。
  2. 10a当たり収量は695kgで、前年産に比べて1%上回った。
    これは、和歌山県で開花期の低温の影響により結果数は減少したものの、果実肥大期の天候に恵まれ果実の肥大が促進されたためである。
  3. 都道府県別にみた収穫量割合は、和歌山県が全国の約6割を占めている。
図6 うめの結果樹面積、収穫量及び図7 うめの都道府県別収穫量割合
表3 平成20年産うめの結果樹面積、10a当たり収量、収穫量及び出荷量(全国)

お問い合わせ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課 
担当者:園芸統計班
代表:03-3502-8111(内線3680)
ダイヤルイン:03-6744-2044

ページトップへ


アクセス・地図