ホーム > 組織・政策 > 統計情報 > 分野別分類/作付面積・生産量、被害、家畜の頭数など > 特定作物統計調査 > 平成26年産なたね(子実用)の作付面積及び収穫量


ここから本文です。

更新日:平成26年12月16日

担当:農林水産省

平成26年産なたね(子実用)の作付面積及び収穫量

― なたねの収穫量は前年産に比べて1%増加 ―

調査結果の概要

図 平成26年産なたね(子実用)の都道府県別作付面積及び割合

1 作付面積

全国の作付面積は1,470haで、前年産に比べて120ha(8%)減少した。
これは、他作物への転換等による減少があったためである。

 

2 10a当たり収量

全国の10a当たり収量は121kgで、前年産に比べて9%上回った。
これは、北海道、青森県等の主産地において生育期間の天候がおおむね良好であったためである。

 

3 収穫量

全国の収穫量は1,780tで、前年産に比べて10t(1%)増加した。

 
表 平成26年産なたね(子実用)の作付面積、10a当たり収量及び収穫量

 

• 本調査におけるなたねとは、子実用(食用として搾油するもの)である。

• 作付面積には、被害等により収穫できなかった面積が含まれている。

 

調査結果の主な利活用

• 食料・農業・農村基本計画における生産数量目標の策定及び達成状況検証のための資料

• なたねに関する生産振興に資する各種事業(強い農業づくり交付金等)の推進のための資料

 

累年データ

表 なたね(子実用)の作付面積、10a当たり収量及び収穫量の推移

 

関連データ

図 なたねの国別輸入量及び割合の推移

お問い合わせ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課
担当者:普通作物統計班
代表:03-3502-8111(内線3682)
ダイヤルイン:03-3502-5687
FAX:03-5511-8771

ページトップへ


アクセス・地図