ホーム > 組織・政策 > 統計情報 > 分野別分類/作付面積・生産量、被害、家畜の頭数など > 畜産統計調査 > 畜産統計(平成28年2月1日現在)


ここから本文です。

更新日:平成28年7月5日
担当:農林水産省

畜産統計(平成28年2月1日現在)

― 乳用牛、肉用牛及び豚の飼養頭数は減少
     採卵鶏の飼養羽数及びブロイラーの出荷羽数は増加    ―

調査結果の概要

1  乳用牛の飼養戸数・頭数

飼養戸数は1万7,000戸で、廃業等により前年に比べ700戸(4.0%)減少した。
飼養頭数は134万5,000頭で、前年に比べ2万6,000頭(1.9%)減少した。
なお、1戸当たり飼養頭数は79.1頭で、前年に比べ1.6頭増加した。

 

2  肉用牛の飼養戸数・頭数

飼養戸数は5万1,900戸で、廃業等により前年に比べ2,500戸(4.6 %)減少した。
飼養頭数は247万9,000頭で、前年に比べ1万頭(0.4%)減少した。
なお、1戸当たり飼養頭数は47.8頭で、前年に比べ2.0頭増加した。

 

図1 乳用牛の飼養戸数・頭数の推移 図2 肉用牛の飼養戸数・頭数の推移

 

•   乳用牛及び肉用牛の区分は、品種(乳用種(ホルスタイン等)、肉用種(黒毛和種等)及び交雑種)による区分ではなく、利用目的によって区分しており、乳用牛とは搾乳を目的としている牛(将来搾乳する目的で飼養している子牛を含む。)をいい、肉用牛とは肉用を目的として飼養している牛をいう。

  

3  豚の飼養戸数・頭数

飼養戸数は4,830戸で、廃業等により前回(平成26年。以下同じ)に比べ440戸(8.3%)減少した。
飼養頭数は931万3,000頭で、前回に比べ22万4,000頭(2.3%)減少した。
なお、1戸当たり飼養頭数は1,928.2頭で、前回に比べ118.5頭増加した。

  

4  採卵鶏の飼養戸数・羽数

飼養戸数は2,440戸で、廃業等により前回に比べ120戸(4.7%)減少した。
飼養羽数は1億7,334万9,000羽で、前回に比べ100万羽(0.6%)増加した。
このうち、成鶏めすの飼養羽数は1億3,456万9,000羽で、前回に比べ106万3,000羽(0.8%)増加した。
なお、1戸当たり成鶏めす飼養羽数は5万5,200羽で、前回に比べ3,000羽増加した。

 

図3 豚の飼養戸数・頭数の推移図4 採卵鶏の飼養戸数・羽数の推移


注:平成27年は、2015年農林業センサス実施年のため調査を休止した。

 

•   採卵鶏の飼養戸数・羽数には、種鶏のみの飼養者及び成鶏めす羽数1千羽未満の飼養者を含めていない。

  

5  ブロイラーの飼養・出荷の戸数・羽数

飼養戸数は2,360戸で、廃業等により前回に比べ20戸(0.8%)減少した。
飼養羽数は1億3,439万5,000羽で、前回に比べ135万2,000羽(1.0%)減少した。
なお、1戸当たり飼養羽数は5万6,900羽で、前回に比べ100羽減少した。
出荷戸数は2,360戸で、廃業等により前回に比べ50戸(2.1%)減少した。
出荷羽数は6億6,743万8,000羽で、前回に比べ1,499万7,000羽(2.3%)増加した。
なお、1戸当たり出荷羽数は28万2,800羽で、前回に比べ1万2,100羽増加した。

 

図5 ブロイラーの飼養戸数・羽数図6 ブロイラーの出荷戸数・羽数


注:平成27年は、2015年農林業センサス実施年のため調査を休止した。

 

•  ブロイラーについては、平成25年2月1日現在調査より調査を開始した。

•  ブロイラーの飼養戸数・羽数及び出荷戸数・羽数には、ブロイラーの出荷羽数年間3千羽未満の飼養者を含めていない。

•  2月1日現在で飼養のない場合でも、前1年間に3千羽以上の出荷があれば出荷戸数に含めている。

 

調査結果の主な利活用

•   加工原料乳生産者補給金制度における限度数量の算定のための資料(乳用牛)

•   食料・農業・農村基本計画における生産努力目標及び飼料自給率目標並びに酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針における飼養頭数目標の策定のための資料

 

累年データ

1 乳用牛の飼養戸数・頭数2 肉用牛の飼養戸数・頭数
3 豚の飼養戸数・頭数4 採卵鶏の飼養戸数・羽数

 

関連データ

1 生乳生産量 2 生乳価格指数

 

3 全国の成牛と畜頭数及び枝肉卸売価格4 全国の豚と畜頭数及び枝肉卸売価格

 

5 鶏卵生産量6 鶏卵卸売価格(標準取引価格)
7 食鳥の処理重量8 肉鶏(ブロイラー)価格指数

 

調査結果

1  乳用牛

(1)  乳用牛の飼養戸数は1万7,000戸で、廃業等により前年に比べ700戸(4.0%)減少した。
飼養頭数は134万5,000頭で、前年に比べ2万6,000頭(1.9%)減少した。飼養頭数の内訳をみると、経産牛は87万1,000頭で前年に比べ1,300頭(0.1%)増加し、未経産牛は47万4,100頭で前年に比べ2万7,500頭(5.5%)減少した。
なお、1戸当たり飼養頭数は79.1頭で、前年に比べ1.6頭増加した。

 

表1 乳用牛の飼養戸数・頭数(全国)

 

(2) 成畜(満2歳以上の牛)の飼養戸数は1万6,300戸で、前年に比べ600戸(3.6%)減少した。これを飼養頭数規模別(学校、試験場等の非営利的な飼養者を除く。)にみると、100頭以上の階層で増加、80~99頭の階層は前年並みであったが、それ以外の階層で減少した。
また、飼養頭数は129万8,000頭で、前年に比べ2万7,000 頭(2.0%)減少した。
これを飼養頭数規模別にみると、100頭以上の階層で増加したが、それ以外の階層で減少した。
なお、飼養頭数規模別の飼養頭数割合は、100頭以上の階層が約4割を占めている。

 

表2 乳用牛の成畜飼養頭数規模別飼養戸数・頭数(全国)

 

(3) 飼養戸数及び飼養頭数を全国農業地域別にみると、ともに前年に比べ全ての地域で減少した。
なお、地域別の飼養頭数割合は、北海道が全国の約6割を占めている。

 

表3 乳用牛の全国農業地域別飼養戸数・頭数

 

2  肉用牛

(1)   肉用牛の飼養戸数は5万1,900戸で、廃業等により前年に比べ2,500戸(4.6%)減少した。
飼養頭数は247万9,000頭で、前年に比べ1万頭(0.4%)減少した。飼養頭数の内訳をみると、肉用種は164万2,000頭で前年に比べ1万9,000頭(1.1%)減少し、乳用種は83万7,100頭で前年に比べ9,400頭(1.1%)増加した。
なお、1戸当たり飼養頭数は47.8頭で、前年に比べ2.0頭増加した。

 

表4 肉用牛の飼養戸数・頭数(全国)

 

(2)  飼養戸数及び飼養頭数を総飼養頭数規模別(学校、試験場等の非営利的な飼養者を除く。)にみると、飼養戸数は前年に比べ20 頭以上の各階層で増加したが、1~9頭及び10~19頭の階層で減少した。
飼養頭数は前年に比べ100~199頭の階層で増加したが、それ以外の階層は減少している。
また、総飼養頭数規模別の飼養頭数割合は、200頭以上の階層が約5割を占めている。

 

表5 肉用牛の総飼養頭数規模別飼養戸数・頭数(全国)

 

(3)  飼養戸数及び飼養頭数を全国農業地域別にみると、飼養戸数は前年に比べ全ての地域で減少した。
飼養頭数は北海道、東北、近畿及び沖縄で増加し、北陸は前年並みであったが、それ以外の地域では減少した。
なお、地域別の飼養頭数割合は、九州が全国の約4割を占めている。

 

表6 肉用牛の全国農業地域別飼養戸数・頭数

 

3  豚

(1)   豚の飼養戸数は4,830戸で、廃業等により前回に比べ440戸(8.3%)減少した。
飼養頭数は931万3,000頭で、前回に比べ22万4,000頭(2.3%)減少した。
飼養頭数の内訳をみると、子取り用めす豚は84万4,700頭、肥育豚は774万3,000頭で、前回に比べそれぞれ4万600頭(4.6%)、27万7,000頭(3.5%)減少した。
なお、1戸当たり飼養頭数は1,928.2頭で、前回に比べ118.5頭増加した。

 

表7 豚の飼養戸数・頭数(全国)

 

(2)  飼養戸数及び飼養頭数を肥育豚飼養頭数規模別(学校、試験場等の非営利的な飼養者を除く。)にみると、飼養戸数は前回に比べ全ての階層で減少した。飼養頭数は1,000~1,999頭の階層で増加したが、その他の階層は減少した。
なお、飼養頭数規模別の飼養頭数割合は、2,000頭以上の階層が7割を占めている。

 

表8 肥育豚の飼養頭数規模別飼養戸数・頭数(全国)

 

(3)  飼養戸数及び飼養頭数を全国農業地域別にみると、飼養戸数は前回に比べ全ての地域で減少した。
飼養頭数は、北陸、関東・東山、近畿及び中国で増加し、その他の地域では減少した。
また、地域別の飼養頭数割合は、関東・東山及び九州で全国の約6割を占めている。

 

表9 豚の全国農業地域別飼養戸数・頭数

 

4  採卵鶏

(1)  採卵鶏の飼養戸数は2,440戸で、廃業等により前回に比べ120戸(4.7%)減少した。
飼養羽数は1億7,334万9,000羽で、前回に比べ100万羽(0.6%)増加した。
また、成鶏めすの飼養羽数は1億3,456万9,000羽で、前回に比べ106万3,000羽(0.8%)増加した。
なお、1戸当たり成鶏めす飼養羽数は5万5,200羽で、前回に比べ3,000羽増加した。

 

表10 採卵鶏の飼養戸数・羽数(全国)

 

(2)  成鶏めすの飼養戸数及び飼養羽数を飼養羽数規模別(学校、試験場等の非営利的な飼養者を除く。)にみると、ともに前回に比べ100,000羽以上の階層では増加したが、その他の階層では減少した。
なお、飼養羽数規模別の飼養羽数割合は、100,000羽以上の階層が約7割を占めている。

 

表11 成鶏めすの飼養羽数規模別飼養戸数・羽数(全国)

 

(3)  飼養戸数及び飼養羽数を全国農業地域別にみると、採卵鶏の飼養戸数は北陸及び沖縄が前回並みで、その他の地域は前回に比べ減少した。
飼養羽数は、東海、四国、九州及び沖縄で減少したが、その他の地域は増加した。
また、地域別の飼養羽数割合は、東北、関東・東山及び東海で全国の約5割を占めている。

 

表12 採卵鶏の全国農業地域別飼養戸数・羽数

 

5 ブロイラー

(1)  ブロイラーの飼養戸数は2,360戸で、廃業等により前回に比べ20戸(0.8%)減少した。
飼養羽数は1億3,439万5,000羽で、前回に比べ135万2,000羽(1.0%)減少した。
なお、1戸当たり飼養羽数は5万6,900羽で、前回に比べ100羽減少した。
出荷戸数は2,360戸で、廃業等により前回に比べ50戸(2.1%)減少した。
出荷羽数は6億6,743万8,000羽で、前回に比べ1,499万7,000羽(2.3%)増加した。
なお、1戸当たり出荷羽数は28万2,800羽で、前回に比べ1万2,100羽増加した。

 

表13 ブロイラーの飼養戸数・羽数及び出荷戸数・羽数(全国)

 

(2)  出荷戸数及び出荷羽数を出荷羽数規模別(学校、試験場等の非営利的な飼養者を除く。)にみると、ともに前回に比べ50,000~99,999羽及び300,000羽以上の各階層において増加しているが、その他の階層では減少した。
なお、出荷羽数規模別の出荷羽数割合は、300,000羽以上の階層が約6割を占めている。

 

表14 ブロイラーの出荷羽数規模別出荷戸数・羽数(全国)

 

(3)  出荷戸数及び出荷羽数を全国農業地域別にみると、出荷戸数は、前回に比べ関東・東山で増加し、北海道及び沖縄は前回並みとなり、その他の地域は減少した。
出荷羽数は、関東・東山及び近畿で減少したが、その他の地域は増加した。
また、地域別の出荷羽数割合は、東北及び九州で全国の約7割を占めている。

 

表15 ブロイラーの全国農業地域別出荷戸数・羽数

ページトップへ

お問い合わせ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課
担当者:畜産・木材統計班
代表:03-3502-8111(内線3686)
ダイヤルイン:03-3502-5665
FAX:03-5511-8771

ページトップへ


アクセス・地図