このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

 

更新日:平成25年7月12日

担当:大臣官房政策課情報分析室

「平成24年度食料・農業・農村白書」の正誤表

ホームページに掲載している「平成24年度食料・農業・農村白書」については、以下の正誤を反映しております。

 

ページ

該当箇所

P.63

図2-1-16

平成20年度、平成23年度の値

図2-1-16(修正前)

図2-1-16(修正後)

P.102

図2-3-22

昭和50年の値

図2-3-22(修正前)

図2-3-22(修正後)

P.110

図2-4-1

平成22年度の値

図2-4-1(修正前)

 

図2-4-1(修正後)

P.123 5行目 一方、食品産業のアジアを中心とした海外展開の本格化に伴い、食品製造業における海外売上高に占めるアジアの比率も大きく増加しています。食品製造業の現地法人における売上高の推移をみると、アジアを拠点とする現地法人の売上高は、平成17(2005)年度は全体の44%(844億円)でしたが、平成23(2011)年度には55%(1,459億円)に達し、平成24(2012)年度には58%(1,643億円)まで上昇することが見込まれています(図2-4-17)。 一方、食品産業のアジアを中心とした海外展開の本格化に伴い、食品製造業における海外売上高に占めるアジアの比率も大きく増加しています。食品製造業の現地法人における売上高の推移をみると、アジアを拠点とする現地法人の売上高は、平成17(2005)年度は全体の44%(8,438億円)でしたが、平成23(2011)年度には55%(1 兆4,591億円)に達し、平成24(2012)年度には58%(1兆6,429億円)まで上昇することが見込まれています(図2-4-17)
P.123

図2-4-17

単位、平成24年度の値

図2-4-17(修正前)

図2-4-17(修正後)

P.152

図3-1-19

九州・沖縄の値

図3-1-19(修正前)

 

図3-1-19(修正後)

P.153

図3-1-20

ラベル

図3-1-20(修正前)

図3-1-20(修正後)

P.155

図3-1-24

新規就農者の値

図3-1-24(修正前)

 

図3-1-24(修正後)

P.158 3行目 家族や親族以外の後継者が確保できないケースがあり 家族や親族の後継者が確保できないケースがあり
P.158

図3-1-26

稲作、畑作、酪農の値

図3-1-26(修正前)

図3-1-26(修正後)

P.186 8行目 酪農経営においては、1戸当たりの飼養戸数の増加等により農業粗収益は増加しているものの、 酪農経営においては、1戸当たりの飼養頭数の増加等により農業粗収益は増加しているものの、
P.192

図3-5-7

1.0~2.0haの値

図3-5-7(修正前)

図3-5-7(修正後)

 
P.199

図3-5-20

平成20年の値

図3-5-20(修正前)

 

図3-5-20(修正後)

P.206

図3-5-35

ラベル、平成23年度の値

図3-5-35(修正前)

図3-5-35(修正後)

P.301

図4-3-5

平成17年度の値

図4-3-5(修正前)

図4-3-5(修正後)

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526