このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

(1)交渉の経緯 ア 交渉の概要


図2 TPP参加国

TPP交渉は、シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイ、米国、豪州、ペルー及びベトナムの計8か国によって平成22(2010)年3月に開始されました。その後、同年10月にマレーシア、平成24(2012)年11月にメキシコ及びカナダ、平成25(2013)年7月に我が国が参加し、最終的には12か国で交渉が行われました(図2)。

交渉は、自由貿易協定(FTA)(*1)の基本的な構成要素である物品市場アクセス(物品の関税の撤廃・削減)やサービス貿易のみではなく、非関税分野(投資、競争、知的財産、政府調達等)におけるルール作りのほか、新たな分野(環境、労働、分野横断的事項等)を含む幅広い分野にわたりました(図3)。


1 [用語の解説]を参照

図3 TPP30章の構成


ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室

代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526