このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

(7)茶


(茶の輸出拡大及び新需要の開拓)

お茶は、生葉の収穫後、産地で荒茶に加工され、消費地において製茶にブレンドして販売されます。平成27(2015)年の茶の栽培面積は4万4千ha、荒茶の生産量は、8万tとなり、横ばいで推移しています(図2-3-14)。緑茶の消費量について、緑茶(リーフ茶)は減少傾向(*1)、ペットボトル入り緑茶は増加傾向(*2)で推移しています。お茶の価格はペットボトル入り緑茶の需要の拡大に伴って平成16(2004)年まで上昇しましたが、その後のペットボトル入り緑茶需要の伸びの鈍化及び緑茶(リーフ茶)の需要の減少により、低下傾向にあり、新たな需要の創出等が課題となっています。

生産面では、全国の茶園面積の3割以上が樹齢30年以上の老園となっており、収量・品質の低下が懸念されるとともに、茶品種「やぶきた」が茶園面積の8割を占め、摘採期が集中することによる荒茶加工作業の集中と摘み遅れによる品質低下、茶の風味の画一化等の弊害が指摘されています。

このようなことから、農林水産省では、「お茶の振興に関する法律」に基づき、茶園の若返りのための改植や消費者需要に対応した優良品種への転換、新たな需要創出に向けた茶の生産・加工技術の開発・普及等の取組を進めています。平成27(2015)年には、ハウスダストやほこり等による目や鼻の不快感を軽減する初めての機能性表示食品(*1)として、「べにふうき」のティーバッグが商品化されました。また、最近では、国産の緑茶用品種で作られた紅茶やウーロン茶が販売され、外国産とは異なる風味が注目されるなど、新たな需要も出てきています。さらに、米国、台湾、ドイツ等への輸出が伸びており、平成27(2015)年の輸出量は10年前に比べて約4倍の4,127t(*2)となりました。農林水産省では、更なる輸出拡大に向け、輸出先国・地域の残留農薬基準を踏まえた防除体系の確立等、輸出に適した茶産地の育成を支援しています。


1 総務省「家計調査」
*2 社団法人全国清涼飲料工業会調べ
*4 財務省「貿易統計」

事例:緑茶の輸出の取組

静岡県掛川市
輸出用の包装
輸出用の包装

静岡県掛川市(かけがわし)にある大塚製茶株式会社は、農家から仕入れた荒茶を加工し、製茶を販売しています。食品展示会でオランダのバイヤーと知り合ったことをきっかけに、平成13(2001)年にオランダへの輸出を始めました。その後、国内外の展示会や商談会への参加等を通じて販路を拡大し、現在、欧米を中心に14か国・地域に輸出しています。また、社員が取引先において店頭販売を行い、外国人の好みを把握するなどの工夫のほか、海外のバイヤーとの家族的な付き合いを大切にすることにより、海外との取引を継続してきました。

欧米では、緑茶の健康への効果が広く認識されているため、緑茶に対する評価が高く、高級な緑茶の取引も多い状況です。また、最近では、海外からの観光客のお土産としても人気があり、空港等での販売も好調です。

今後は、欧米で人気の高い有機栽培茶の取扱いも始め、輸出を伸ばしていく意向です。

 


ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室

代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526