このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

(8)甘味資源作物


(てんさい及びさとうきびの安定生産)

てんさいは北海道、さとうきびは沖縄県及び鹿児島県の南西諸島で作付けされており、砂糖の原料として利用されています。我が国で消費される砂糖は減少傾向にあり、近年では年間200万t程度で推移しており、3割程度は国産のてんさい及びさとうきびから作られています。

てんさいの作付面積は近年減少傾向にあるものの、前年産から増加し、平成27(2015)年産は5万9千ha、収穫量は根部の肥大が良好であったことから、392万5千tとなりました(図2-3-15)。てんさいは、冷害に強く、北海道の畑作地帯における輪作体系の一部を構成しており、農業生産を維持する上で重要な作物となっています。

さとうきびの収穫面積は横ばいで推移し、平成26(2014)年産は2万3千haとなりました(図2-3-16)。収穫量は、天候不順や害虫の大発生等により過去最低の生産量となった平成23(2011)年産から回復傾向にありましたが、平成26(2014)年産は、相次ぐ秋の台風により、地域による作柄のばらつきが生じたことから、前年を下回る116万tとなりました。さとうきびは、干ばつや台風に強いなどの特性から、沖縄県及び鹿児島県の南西諸島における基幹作物であり、地域経済を支える重要な作物となっています。

また、製糖工場等の関連産業は、雇用機会の維持・確保に重要な役割を果たし、地域経済を支えています。てんさいやさとうきびの生産量が減少すると、製糖工場等の関連産業に影響が及ぶことが懸念されるため、甘味資源作物の安定生産を図っていくことが重要です。このような中、生産の安定化に向けて、てんさいでは、収量安定につながる技術の普及、共同育苗施設の整備等による効率的な生産体制を構築していくことが重要です。また、さとうきびでは、各島を基本とする各地域において平成18(2006)年度に策定した「さとうきび増産プロジェクト」を平成27(2015)年度に改定したところであり、島ごとの自然条件等に応じた作型の選択等の自然災害等に強い生産体制の構築、作業受委託体制の整備や機械の共同利用組織の育成等の担い手対策を強化していくことが重要です。


 


ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室

代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526