ホーム > 知ってる?日本の食料事情 > 食料安全保障について > 食品の価格動向


ここから本文です。

食品の価格動向

食品の価格動向のイメージ

国際的な農産物の価格の変動等により、我が国でも食品の小売価格が値上がりし、消費者の食品価格への関心が高まっています。

そこで、農林水産省では、食品の小売価格の動きについて、消費者の皆様に正しく理解していただくため、食品価格動向調査により食品の小売価格を調査した結果をお知らせし、併せて国際的な農産物の需給・価格の動きなどの情報を提供いたします。

1.消費者物価指数から見た食料価格の動き

総務省で取りまとめている消費者物価指数の動きから、小売価格の動きを知ることができます。
変動幅の大きい生鮮食品(生鮮魚介、生鮮野菜、生鮮果物)を除く食料の消費者物価指数の動向は、ほぼ横ばいで推移していましたが、平成26年4月の消費税率引き上げ等に伴い上昇傾向で推移しています。

参考PDF

2.食品価格動向調査の結果(小売価格)

ページトップへ戻る

お問い合わせ先

大臣官房政策課食料安全保障室

代表:03-3502-8111(内線3804)

お問い合わせ先

<p class="memo">#memo#</p>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ


アクセス・地図