このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

<<あすの食・農・緑を創る>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆関東農政局メールマガジン(第415号)2019年6月13日◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 目 次 ■

1  トピックス
【1】平成30年度「食料・農業・農村白書」、「食育白書」、「森林・林業白書」及び「水産白書」関東ブロック説明会の開催について【関東農政局】
【2】「GFP輸出診断」の茨城県での第1弾開始について【関東農政局】
【3】「平成30年度食育白書」の公表について【農林水産省】
【4】「今後の肥料を考えるシンポジウム~肥料制度の見直しなど、改めて土から考える~」の開催について【農林水産省】
【5】第74回 食料・農業・農村政策審議会 企画部会が開催されました【農林水産省】

2  東日本大震災に関する情報

3  地域のイベント情報等
【1】「とちぎの農村めぐり2019」をスタートします!【宇都宮市】
【2】第25回あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル【久喜市】
【3】第54回福生ほたる祭が開催!【福生市】
【4】第19回南部あじさいまつり開催【南巨摩郡南部町】
【5】南アルプスの恵みを味わおう!!【静岡市】

4  関東農政局が発出する他のメールマガジンについて
   関東農政局調達情報メールマガジン(物品・役務)

5  消費税軽減税率制度に関する情報

6  関係機関の情報
【1】内閣府  食品安全委員会より
【2】関東米粉食品普及推進協議会より
【3】関東地域花き普及振興協議会より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1  トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】平成30年度「食料・農業・農村白書」、「食育白書」、「森林・林業白書」及び「水産白書」関東ブロック説明会の開催について【関東農政局】

  「食料・農業・農村白書」、「食育白書」、「森林・林業白書」及び「水産白書」は、農林水産業を取り巻く最近の動き等を踏まえ、取り組むべき課題や主要施策の取組状況とその効果等について、広く理解と関心が深まることを目的として毎年作成しているものです。この度、平成30年度の各白書が公表されましたので、以下の日程で関東ブロック説明会を開催します。是非この機会をとらえて参加いただきますようご案内いたします。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/kanto/press/kikaku/hakusyo_press/170608.html
-------------------------------------
【2】「GFP輸出診断」の茨城県での第1弾開始について【関東農政局】

  GFP(ジー・エフ・ピー)は、農林水産省が推進する農林水産物・食品の輸出プロジェクトGlobalFarmers/Fishermen/Foresters/FoodManufacturersProjectの略称です。
  昨年8月31日に専用サイトを開設し、本年5月末時点において1,355の登録がありました。登録すると、農林水産省、ジェトロ、関係機関等の専門家からなるチームの訪問輸出診断を無料で受けることができます。これまでに登録した生産者・事業者等の5割から輸出診断の申込みがあり、今回、茨城県においても訪問輸出診断が開始されます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/kanto/press/keiei/zigyo/190613.html
-------------------------------------
【3】「平成30年度食育白書」の公表について【農林水産省】

  令和元年6月4日、「平成30年度食育推進施策」(平成30年度食育白書)について、国会提出案件として閣議決定されました。
・第1部では、「健康寿命の延伸につながる食育の推進」を特集し、現状を分析するとともに、健康寿命の延伸のために大切な日々の食生活を取り巻く取組等について記述しています。
・第2部では、第3次食育推進基本計画(平成28年3月18日食育推進会議決定)に掲げた事項の具体的な取組状況について、全国の様々な事例を紹介しつつ、話題性の高いテーマについてコラムとして紹介し、記述しています。
・第3部では、「第3次食育推進基本計画」で掲げた目標値の平成30年度における進捗状況等について記述しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/190604.html
-------------------------------------
【4】「今後の肥料を考えるシンポジウム~肥料制度の見直しなど、改めて土から考える~」の開催について【農林水産省】

  農林水産省では、土づくりに役立つ堆肥や産業副産物由来肥料の活用とともに、農業者のニーズに応じた柔軟な肥料生産が進むよう、肥料に関する法制度の見直しを行っています。関係者の皆様と一体となって見直しを進めるため、本シンポジウムでは、肥料をめぐる状況と見直しの方向について説明するほか、有識者や民間企業、農業者の先進的な取組の紹介、来場者を交えたパネルディスカッションを行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/190612.html
-------------------------------------
【5】第74回 食料・農業・農村政策審議会 企画部会が開催されました【農林水産省】

  現在、「食料・農業・農村政策審議会 企画部会」において、次期食料・農業・農村基本計画も視野に入れて、農業者等からのヒアリングが行われています。
  関東管内からも、以下の事業者が出席されましたので、ご紹介いたします。
○第74回(令和元年6月11日開催)【産地・地域づくり】
  常盤昌昭  JAみなみ信州  柿部会部会長(長野県飯田市)
  会議での資料等につきましては、以下のURLで御覧いただけます。
企画部会  http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2  東日本大震災に関する情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  農林水産省における東日本大震災に関する情報は、随時更新しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3  地域のイベント情報等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「とちぎの農村めぐり2019」をスタートします!【宇都宮市】

  農村地域への誘客促進による地域の活性化を図る通年プロモーション「とちぎの農村めぐり2019」がスタートします。これらのキックオフイベントとして、6月15日(土曜日)に開催される「県民の日記念イベント」内で、県産農産物や特産品の販売ブースや農業体験コーナーを設け、県民の皆様が気軽に農村に親しむことのできる機会が提供されます。

詳しくは、こちらをご覧ください。栃木県ホームページ
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g02/kouhou/tochiginousonnmeguri2019.html
…………………………………………………………………………………………………
【2】第25回あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル【久喜市】

  今年も、あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバルが開催され、さまざまなイベントが用意され皆様をお待ちしています。ぜひ、ご家族揃ってお越しください。野菜や花の販売もあります。
開催時期:令和元年6月2日(日曜日)から令和元年6月23日(日曜日)

詳しくは、こちらをご覧ください。久喜市観光協会ホームページ
https://kukikankou.sainokuni.org/blue-festival/2019.html
…………………………………………………………………………………………………
【3】第54回福生ほたる祭が開催!【福生市】

  「福生ほたる祭」は、地域の方々の手によるお祭りとして、その伝統を引き継ぎ、今年で54回を迎えます。会場では、地元の方々が育てた「ゲンジボタル」が飛び交う幻想的な光景を見ることができます。また、会場周辺では模擬店が数多く並び、特設ステージにて催し物が披露されます。ぜひ、お越しください。
開催日:令和元年6月15日(土曜日)

詳しくは、こちらをご覧ください。福生市ホームページ
https://www.city.fussa.tokyo.jp/sightseeing/osusumeevent/hotaru/1008595.html
…………………………………………………………………………………………………
【4】第19回南部あじさいまつり開催【南巨摩郡南部町】

  アジサイは、平成16年1月5日「町の花」に制定されました。ボランティアの方々が育てている90種約3万株のアジサイが咲き誇る「うつぶな公園」は、山梨県の花の名所に指定されています。この公園は、ボランティアの手であじさいの手入れ、施肥、草刈等が行われています。今年も祭りの期間中は、色とりどりに咲いたアジサイが訪れる人たちの心をなごませてくれます。癒しの空間へ是非どうぞ。
開園期間:令和元年6月21日(金曜日)~6月30日(日曜日)

詳しくは、こちらをご覧ください。南部町ホームページ
http://www.town.nanbu.yamanashi.jp/event/2019/ajisai19.html
…………………………………………………………………………………………………
【5】南アルプスの恵みを味わおう!!【静岡市】

  南アルプスユネスコエコパークに登録されている山梨県、長野県、静岡県の10市町村から、旬の農産品やご当地グルメが集結。そのほか、南アルプスの山を背景に記念撮影ができるコーナーや、限定グッズが当たるお楽しみ抽選会も行います!
日時:2019年6月23日

詳しくは、こちらをご覧ください。静岡市ホームページ
http://www.city.shizuoka.jp/041_000207.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4  関東農政局が発出する他のメールマガジンについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  関東農政局調達情報メールマガジン(物品・役務)

  関東農政局では、入札手続きの公告等をメールマガジンとして、お知らせしています。配信を御希望される方は、以下のURLからお申し込みください。

http://www.maff.go.jp/kanto/shinsei/order/merumaga.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5  消費税軽減税率制度に関する情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2019年(令和元年)10月1日に消費税率が引き上げられるのに合わせて、軽減税率制度が開始されます。農林水産省食料産業局では、軽減税率の対象品目の1つである「飲食料品」を取り扱う食品産業事業者の皆さまのご不明な点や疑問などを解決するために、軽減税率制度対応に利用できる支援措置や関連情報を取りまとめました。是非、ご活用ください。

(農林水産省へリンク)
消費税軽減税率制度に関する情報(食品産業事業者の皆さまへ)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/keigen20191001.html
消費税軽減税率対応に利用できる支援措置
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/keigenzeiritsu/shiensochi.html

軽減税率制度に関すること  国税庁HP
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

  軽減税率制度に関する動画(Web-TAX-TV)をご覧いただけます。
  消費税軽減税率電話相談センターのお問い合わせ
  (軽減コールセンター)(フリーダイヤル0120-205-553)
  各都道府県の税務署で開催する説明会の日程をご覧いただけます。どなたでも参加できます。

  中小事業者等への支援について「軽減税率対策補助金事務局」
  (フリーダイヤル0120-398-111)http://Kzt-hojo.jp
  (軽減税率対策補助金の申請受付の期限が延長されました。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6  関係機関の情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】内閣府  食品安全委員会より

  内閣府食品安全委員会は、食の安全に関する情報のお知らせをタイムリーにお届けするために、『食品安全委員会メールマガジン』を配信しています。
(1)ウィークリー版(毎週水曜日)
  食品安全委員会の会合結果概要や開催案内など。
(2)読物版(月の中旬と下旬)
  食の安全に関する分かりやすい解説、Q&Aなどの読み物。
  配信及び会員登録を希望される方はこちらからお願いします。
  http://www.fsc.go.jp/e-mailmagazine/

  食品安全委員会公式Facebook
  http://www.fsc.go.jp/sonota/sns/facebook.html
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
【2】関東米粉食品普及推進協議会より

  関東米粉食品普及推進協議会では、会員の皆様から寄せられた様々な情報をもとに、米粉の利用を紹介する関東米粉食品メールマガジンを発行しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/kanto/syokuryou/syouhi/sin-komeko/merumaga/index.html
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
【3】関東地域花き普及振興協議会より

  関東地域花き普及振興協議会では、花き振興に関する情報を「ミニ花だより」としてお知らせしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://kankakyo.main.jp/info/minihana
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
  今日は見事な「五月晴れ」ですね。関東甲信地方は6月7日に平年より1日早く梅雨入りとなりました。これからは湿度や温度が上がり食べ物が傷みやすくなりますので取扱いにはご注意下さい。
  さて、9秒97の日本新記録すごいですね。ついこの間日本人初の10秒切りとニュースで聞いたばかりでしたが、更新も早かったですね。皆様も自身の持つ記録の更新に挑戦してみてはいかがでしょうか(但し食べ過ぎ飲み過ぎにはご注意ください)。

関東農政局ホームページ
⇒http://www.maff.go.jp/kanto/index.html

御意見等はこちらの総合窓口から
⇒https://www.contactus.maff.go.jp/j/kanto/form/shinseiiken/index.html

配信停止・配信先変更
⇒http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

  誤ってこのメールをお届けしてしまった場合は、何とぞご容赦下さい。
  このメールに直接ご返信いただいても、お問い合わせ等にはお答えできません。
  なお、本メールアドレスは送信専用のため、総合窓口をご利用いただくか、下記にご連絡下さい。

[ お問合せ先 ]
〒330-9722 さいたま市中央区新都心2-1
さいたま新都心合同庁舎2号館
関東農政局 企画調整室
[Tel]048-740-0310
[Fax]048-600-0602

 

お問合せ先

さいたま市中央区新都心2-1
さいたま新都心合同庁舎2号館
関東農政局 企画調整室
電話:048-740-0310
FAX:048-600-0602