ホーム > 関東農政局   醸造用ぶどうのページ


ここから本文です。

更新日:28年1月18日

関東農政局   醸造用ぶどうのページ

   関東甲信地域は、山梨県、長野県を中心に、ワインの原料となる醸造用ぶどうの産地となっています。
   関東農政局では、醸造用ぶどうの生産を更に振興し、地域経済を活性化させるための取組を進めています。

長野県「平成28年度ワイン生産アカデミー」の受講生の募集について

長野県では、長野県内でぶどう栽培やワイナリー設立を考えている新規参入希望者を対象としたアカデミーの受講生を募集していますので、お知らせします。
詳しくは、長野県農政部園芸畜産課ホームページをご覧下さい。

 

特別展「ワイン展」関連イベントの実施について

   農林水産省では、現在、国立科学博物館で開催中の特別展「ワイン展」関連イベントとして、『もっと知りたい!全国の元気な日本ワイン』を開催します。
   詳しくは、国立科学博物館ホームページをご覧下さい。

 

〇本イベントのうち、下記の企画については、下表の「申込方法」欄から申し込みができます。その他の企画の申込み方法については、国立科学博物館ホームページをご覧下さい。

主催者

テーマ

日時

申込方法

場所

長野県 「気候風土が醸すNAGANO WINE」
(NAGANO WINEオフィシャルサイトにリンク)
1月20日(水曜日)
13時30分~15時30分

好評により、受付を終了しました。

国立科学博物館日本館2階講堂(東京・上野公園)
長野県東御市 「ご存じですか?世界が注目するTomi Wine」
(東御市ホームページにリンク)
1月23日(土曜日)
10時00分~12時00分

好評により、受付を終了しました。

長野県塩尻市 「世界に誇る『桔梗ヶ原メルロ』」
(塩尻市ホームページにリンク)
1月23日(土曜日)
14時00分~15時30分
好評により、受付を終了しました。

 

* 参加には、「ワイン展」入場券(半券可)の提示が必要です。前日までにすでに「ワイン展」をご覧になった方は、当日、常設展入場券をご購入の上、「ワイン展」の半券を持参して、会場受付までお越し下さい。
* 少量の試飲を行いますが、未成年者、車を運転する方は試飲できません。

 

―本イベントに関するお問い合わせ先―

《イベント全般》
農林水産省生産局園芸作物課
担当:里方、小池
電話:03-3501-4096

《個別のイベント》
リンク先の各団体のホームページに記載してある連絡先にお問い合わせください。

「醸造用ぶどうの生産、流通等の実態について(中間報告)」を公表しました

   関東農政局では、醸造用ぶどうの生産、流通等の調査を行いました。その中間報告がまとまりましたので、お知らせします。

   《リンク先》 第8回「攻めの農林水産業実行本部」及び「地方農政局長・森林管理局長等会議」会議資料6(農林水産省へリンク)

  

(参考)これまでに行ったシンポジウム等

平成27年4月9日 公開シンポジウム「日本ワイン」とその可能性を探る ~日本の醸造用ぶどうは期待に応えられるか~
平成27年6月5日  公開講座「『日本ワイン』を学ぶ」~日本にワインの「風土」は根付いたのか?~ 
   

 

お問い合わせ先

企画調整室 
担当者:新田、土橋
代表:048-600-0600(内線3112)
ダイヤルイン:048-740-0017
FAX:048-600-0602

関東農政局案内

リンク集