ホーム > 経営 > 農業を始めませんか? > 神奈川県


ここから本文です。

神奈川県で農業をやりたい!やってみたい!

1農業をやりたいので相談にのって欲しい

◎全国及び都道府県新規就農相談センター
新規就農に必要な情報の提供や各種相談を行っています。また、就農支援
資金の貸付、農業技術等の習得に関する情報提供・相談を始め、就農前相談
から就農後の経営安定に至るまでの一貫した支援活動を行っています。

(問い合わせ先)
全国新規就農相談センター(全国農業会議所内)

・神奈川県新規就農相談センター
神奈川県農業会議及び神奈川県立かながわ農業アカデミーで、相談をお受けしています。
神奈川県農業会議(045-201-0895)
かながわ農業アカデミー(046-238-5274)

2農地を取得したい

農地を買ったり借りたりする場合には、市町村の農業委員会に相談し、
「農地法」等の許可が必要になります。
また、実際の農地の取引はなかなか難しいもので、そのため、円滑な農地
取得を支援するものとして「農地保有合理化事業」があります。この事業を
通じて農地を取得する場合は、就農を予定する市町村の農業委員会、または
都道府県農業公社、市町村農業公社にご相談ください。
(社)神奈川県農業公社で農地の取得について相談できます。

3農業の技術・経営方法等の習得をしたい

神奈川県立かながわ農業アカデミー(神奈川県海老名市)
生産技術科(2年課程)と研究科(2年課程)があります。
また、短期研修の中で、中高年の方がUターン就農したり、新たに農 業を始めたいとい
う方を対象とした「高齢者新規就農研修」を実施しています。(年度計画により終了して
いる場合があります。)
◎民間農業大学校
鯉渕学園農業栄養専門学校(水戸市鯉渕)
日本農業実践学園(水戸市内原町)
八ヶ岳中央農業実践大学校(長野県)
国際農業者交流協会
海外で農業技術を学びたい方の相談に応じています。外務省と農林水産省
の支援のもと、アメリカやヨーロッパ諸国(デンマーク・ドイツ・スイス・
オランダ)などの農業先進国で研修ができます。

4就農するためのお金を借りたい

(1)就農前から利用できる制度資金が準備されています。

就農支援資金
都道府県知事に「認定就農者」として認定された就農希望者や新規就農者
に対し、就農に必要な農業技術、経営方法の習得、就農への準備、経営開始
に必要な機械・施設の導入等、段階を踏んだ必要経費に対する資金を無利子
で借り受けることができる制度です。
(償還期間、資金種類等により12年以内、据置期間含む)

(2)就農し、農業経営を開始した後には以下の制度資金も活用できます。

◎農業改良資金
新たな技術や作物を導入したい、新しく農産物の加工・直売を始めたい、
という取組に必要な施設・機械・資材などを購入するための資金を無利子で
借り受けることができます。(償還期間10年以内、据置期間含む)
◎近代化資金
経営改善のための、施設の取得・拡張、設備・機具購入、長期運転資金な
ど幅広い用途に借り受けられる低利の制度資金です。
(償還期間15年以内、据置期間含む)
◎農林漁業金融公庫資金(農林公庫資金)
〇農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)
認定農業者を対象とする経営改善のための長期資金で、資金規模が大き
い、農地取得を含む等の場合に活用できます。(償還期間25年以内)
〇経営体育成強化資金
認定農業者以外の農業者の経営改善のための長期資金で、資金規模が大
きい、農地取得を含む等の場合に活用できます。(償還期間25年以内)

5総合的な支援

◎神奈川県の普及指導センター(名称:農業技術センター)
就農に向けた技術・経営・資金等に関する情報・相談、就農後の技術・経
営指導等を行っています。

お問い合わせ先

経営・事業支援部経営支援課
担当者:就農促進
代表:048-600-0600(内線3834)
ダイヤルイン:048-740-0394
FAX:048-740-0081

関東農政局案内

リンク集