ホーム > こまちゃんと食の冒険 > わたしの県の食べ物は? > 栃木県


ここから本文です。

こまちゃんと食の冒険

 
 

栃木県

栃木県

栃木県の南部には広大な平野が広がっており、東京など近くの大都市に出荷する野菜を作っています。県の北部では、酪農(らくのう)がさかんです。栃木県にはどんな食べ物があるのかな?

かんぴょう

かんぴょう

栃木県が全国の生産量(382t)の98%をしめる県を代表する農産物。まきずしなどの具に入っている、ふしぎな食感の食べ物だけど、ゆうがおの実を細長くむいて、ほして作ります。

へえ~、あの夕方に花がさく“ゆうがお”なの!
機械を使って、ゆうがおの実をクルクル回しながらけずるのよ。
わあ~、おもしろそう!

にら

にら

栃木県が全国2位の生産量(11,000t)をほこります。宇都宮(うつのみや)名物のギョウザの具にも欠かせない食材です。

ぼく、にらレバいためも大好きだよ!

いちご

いちご

栃木県が全国一の生産量(25,400t)をほこります。「とちおとめ」という品種が有名です。いたみやすいいちごだけに、東京などの大消費地に近い栃木県は有利なのです。

わあ~、いちご大好き! いちごがりも楽しいわ。

生乳(せいにゅう)

生乳(せいにゅう)

県北部の那須野が原(なすのがはら)、那須高原(なすこうげん)では、酪農がさかんで、生乳(※)の生産量(317,150t)は北海道に次いで全国2位。新鮮(しんせん)な牛乳(ぎゅうにゅう)が栃木県から東京などの大消費地に運ばれます。

※生乳
しぼりたてで何も処理(しょり)をしていない牛の乳(ちち)のこと。牛乳のもとになります。

栃木県でとれるもの(生産量と全国順位)

<野菜>
     かんぴょう 382t(98%)1位
     いちご 25,400t(15%)1位
     にら 11,000t(18%)2位

<畜産物(ちくさんぶつ)>
     生乳 317,150t(4%)2位

※(  )内は全国生産量に占(し)める割合(わりあい)
出典名
・野菜生産出荷統計(平成26年)
・地域特産野菜の生産状況(野菜生産状況表式調査結果)(平成24年)
・牛乳乳製品統計(平成26年)

本州でも牛を飼ってるのね。
ぼくも那須に行ったときに牛を見てビックリしたよ。
栃木県は、他にもおいしいものがいっぱいよ。
茨城県へ 群馬県へ