ホーム > 農村振興 > 国営事業所の取り組み > 西関東土地改良調査管理事務所 > 掛川市立桜木小学校


ここから本文です。

掛川市立桜木小学校で出前講座を開催しました

7月4日(月曜日)、掛川市立桜木小学校で 『水を学び農業用水を学ぶ』 をテーマに出前講座を開催しました。

 暮らしにも農業にも欠かすことのできない水の大切さや農業用施設の役割等について学び、子どもたちの水環境への関心を高めることを目的に、大井川右岸土地改良区とともに、国営大井川用水地区の受益地内にある掛川市立桜木小学校の4年生約120人を対象に1時間の出前講座を行いました。

 出前講座では、水の循環について「川、海、雲と、水は形を変えながら世界を巡っている。その一部を人間が利用している」と紹介した後、3つのコーナーに分かれて、ため池など農業用施設の役割や歴史に関するクイズ、水になりきって水との関わりや大切さを体験するゲーム、水路や田んぼが暮らしにどのような関係があるかを学んでもらうため、田んぼや畑がお米や野菜などを作るだけではなく、他にも色々な働き(多面的な機能)があることを紹介しました。

 子どもたちからは、『将来、水がなくなってしまうことがあるのか』、『水がなくても、育つ生物はあるのか』などの質問が出され、貴重で大切な水であることを活き活きと学んでいる様子が伺えました。

 西関東土地改良調査管理事務所では、今後ともこのような機会を捉え、水の大切さや、農業農村の重要な役割をアピールしていきたいと思います。

  

 

sakuragi01

 

sakuragi03

sakuragi02

 

 

お問い合わせ先

西関東土地改良調査管理事務所
ダイヤルイン:0537-35-3287
FAX:0537-35-5212

関東農政局案内

リンク集