このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

中信平二期農業水利事業所

本事業は完了いたしました。(平成27年3月31日)

中信平二期農業水利事業所 

  地元出身の作家・臼井吉見の小説で有名になった「安曇野(あずみの)」。一方、古くから信州の中核地として栄えてきた「松本平(まつもとだいら)」。
  この地域は、上高地(かみこうち)、穂高岳(ほたかだけ)、常念岳(じょうねんだけ)に代表される北アルプス連峰の麓に位置し、県下有数の穀倉地帯であるとともに、リンゴ園、湧水を利用したわさび田などが四季折々の風景を彩り、カメラを持った観光客で賑わっています。
  しかし、この地域は水に恵まれず、かつては何度か水争いを繰り返しました。のどかな田園風景には、この地に生きた幾万人という農民の血と汗が染み込んでいます。

中信平画像

サイト内に出てくる難しい用語には、子供向けの用語解説「ぐるぐるディクショナリー」へのリンクを設定しています。そちらの解説も合わせてお楽しみください!

事業地区情報一覧

中信平二期農業水利事業所国営中信平二期農業水利事業とは?事業に至る経緯
地域の自然農と歴史地域情報

banner_mg_denen経営所得安定対策midorino

 

お問合せ先

農村振興部水利整備課
ダイヤルイン:048-740-9836

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader