このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

さらに詳しく  万水川

  黒沢川(くろさわがわ)や鳴沢川などの川が途中で消えてしまうことは地域の自然で述べましたが、それ以外の川でも、安曇野(あずみの)の複合扇状地は砂礫が多く、水が地中に潜ってしまいます。しかし、その潜った水が扇状地の先端部から再びコンコンと湧き出ています。地元ではそのような場所を「花見(けみ)」という風流な呼び方をしています。

  中でも代表的な「花見」が万水川(よろずいがわ)。地域の自然の図2でも分かるように、この川は中信平の最も低い位置にあり、すべての扇状地が集まるところとなっています。

  盆地の途中から噴き出し、北からも南からも、万(よろず)の水を集めて清冽な流れを形成します。延長はわずか7.4km。しかし、まわりに溢れるような豊かな水量。黒沢明(くろさわあきら)監督の映画「夢」の撮影場所としても有名になりました。

  全国一の規模と生産量を誇る安曇野のわさび田も、1日70トンも湧き出るというこの地の湧水を利用したものです。「安曇野のわさび田湧水群」として環境省の名水百選にも選ばれ、「水の郷」として旧国土庁からも認定されました。





中信平二期農業水利事業所
国営中信平二期農業水利事業とは?
事業に至る経緯
地域の自然

農と歴史
地域情報



 

お問合せ先

農村振興部水利整備課
ダイヤルイン:048-740-9836