このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

さらに詳しく  島畑と地下水止め

  九十九里(くじゅうくり)平野では、水持ちが悪い砂質土壌のため、貴重な水を節約する様々な工夫がなされてきました。

  「島畑(しまばた)」は、今もこの平野のあちこち見られます。水田の底をなるべく地下水位に近づけるため可能な限り深く掘り下げ、その掘り下げた土を盛って畑にしたものです。したがって、水田の中に一段高い畑があるというこの地方独特の景観で、畑ではネギ、スイカなど様々な作物が植えられています。

  「地下水止め」は排水路をせき止めて、地下水位を高く保つ方法です。写真は水田のすぐそばを流れる小さな排水路ですが、水路いっぱいに水が貯まり、田面とほぼ同じ高さになっていることがわかります。


島畑



地下水止め

 


両総農業水利事業所
国営両総農業水利事業とは?
事業に至る経緯
地域の自然
農と歴史

地域情報

お問合せ先

農村振興部水利整備課
ダイヤルイン:048-740-9836