このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

那珂川水系

1.利根川水系 2.荒川水系 3.那珂川水系

那須疏水下段幹線水路

鴫内・木綿畑換地区

那珂川は、栃木県と福島県の県境に位置する那須岳(なすだけ)を源流として、栃木県・茨城県を流下し、茨城県大洗町で鹿島灘に注ぐ全長約150km、流域面積約3,200km2の河川です。
本河川の下流域は比較的水量が豊富で、古くから水田開発が行われてきましたが、上流域は火山山麓に発達した扇状地で水源も少なく、農業は湧水帯等の限られた区域で行われていました。
上流域の農業開発は、明治維新による幕藩体制の崩壊によって失職した士族たちへの授産政策として行われた那須野ヶ原の開拓事業によって始まりました。この地域は、那珂川とその支流である箒川(ほうきがわ)に囲まれた広大な原野で、東京から北に約150kmの位置にあり、約40,000haの面積を有することから、福島県安積原野に次いで国営開墾候補地として調査が行われました。しかし、この原野は、特有の礫層が非常に厚く発達し、表土は薄く、地力も低いものでした。さらに、水の地下浸透が激しく、河川は洪水の時以外は伏流してしまうため、地下水を汲み上げる技術がなかった扇状地高位部では、山麓周辺集落が入会地や藩の狩猟場として利用されていたにすぎませんでした。
明治13年、官有地に編入されていた那須野ヶ原の原野が、「荒蕪地及び原野貸渡規則」に基づき、華族・政商・地元有力者などに貸下げられ、「肇耕社(ちょうこうしゃ)」や「那須開墾社」等の大農場が成立しました。しかし、開拓作業を行う入植者たちには飲用水の手当さえない状態で、数キロも離れた旧村まで水を汲みに行き、水桶を肩に担いで運搬して用水を確保していました。このような多大な労苦に対して、印南丈作(いんなみじょうさく)・矢板武(やいたたけし)ら地元有力者は、那珂川上流で取水を行い、那須野ヶ原を横断し、鬼怒川に至る運河開削を計画します。この那須疏水事業は、明治18年に完成し、それに前後するように、旧村落の水利施設の整備も行われました。明治17~18年の木ノ俣用水の改修、明治26年の木ノ俣川から取水する新木ノ俣用水の開削、明治28年の蟇沼(ひきぬま)用水の改修等がそれにあたります。これらの用水は、後の那須野ヶ原総合開発によって、統合されることになりました。
那須疏水開通後の那須野ヶ原は、大農場による開発が進むとともに、鉄道・道路の整備も行われ、地域経済は大きく発展しました。しかし、那珂川の河床・河道変動や施設の老朽化により、昭和30年頃になると水利施設の全面的な改修整備が必要となります。これを契機に、これまで計画しては実現できなかった那須野ヶ原の総合開発に対する期待が高まり、開発を要望する運動が展開されました。
那須野ヶ原総合開発では、主水源を深山ダムに求め、那須疏水より高い扇状地の高位部まで受益地域を拡大する方針で計画が行われました。事業は、昭和42年から平成7年まで行われ、新たに約400haの農地(畑地)が造成され、水田約3,000haと畑地約900haに対するかんがい施設が建設されました。 

 

   

深山ダム










西岩崎頭首工

 

他に本水系においては、国営農地開発事業として塩那台地開拓建設事業(昭和48~平成5)が完了しています。この事業では、栃木県北東部の喜連川丘陵を対象とした約500haの畑地造成と、これらの畑地と水田約900haのかんがい用水施設の建設が行われました。国営芳賀台地農業水利事業では、栃木県東部の水田及び畑地約2700haのかんがい用水施設が整備されました。また、国営かんがい排水事業として那珂川沿岸(一期)農業水利事業(平成4~)及び那珂川沿岸(二期)農業水利事業(平成6~)が実施されており、茨城県水戸市周辺の水田約3,000ha及び畑約2,500haのかんがい事業が展開されています。 

実施中の国営土地改良事業
【かんがい排水事業】
 那珂川沿岸農業水利事業

お問合せ先

利根川水系土地改良調査管理事務所
〒277-0831千葉県柏市根戸471-65
電話番号:04(7131)7141FAX番号:04(7133)3527