ホーム > 農村振興 > 国営事業所の取り組み > 利根川水系土地改良調査管理事務所 > 3. 農業・水に関わる祭り【水系の歴史と「農」の文化】 > 蛇祭り(じゃまつり)【栃木県小山市大字間々田】


ここから本文です。

蛇祭り(じゃまつり)【栃木県小山市大字間々田】

 栃木県小山市間々田(ままだ)地区の間々田八幡宮では、「蛇祭り」という珍しいお祭りが行われています。

 「蛇祭り」は、釈迦が誕生したとき、八大竜王(はちだいりゅうおう)が天から竜水(りゅうすい)を降らしたという仏教説話から起こったといわれています。かつては、田植え前にほどよい雨風を神仏に願い、あわせて悪病を追い払う行事として、旧暦の4月8日に行われていましたが、いつからか「5月5日」の子供の日に行われようになり、県の無形民族文化財にも指定されています。

 祭りが近づくと子供も大人も落ち着かず、1ヶ月も前から、祭の主役である蛇体の準備を始めます。長さ15~20mの蛇体は、竹・ワラ・藤ツル・シダなどの材料を使って作られ、ー番難しい頭部は、大人たちの腕の見せ所だといいます。

 祭りの当日、自治会ごとに作られた7体の蛇体は、各会所を出発し、かけ声をかけながら八幡宮に集合します。御祓(おはらい)を受けた後、蛇体は、境内にある瓢箪池(ひょうたんいけ)の水をたらふく飲む「水飲みの儀式」を済ませ、再び町へと繰り出します。

 子供たちは、「八大龍王」の幟(のぼり)を先頭に蛇体を担ぎ、「蛇がまいた、蛇がまいた、四月八日の蛇がまいた」と叫びながら、各町内を雨乞い、五穀豊穣、疫病退散を祈願し、練り歩きます。

 

ページトップへ

お問い合わせ先

利根川水系土地改良調査管理事務所
〒277-0831 千葉県柏市根戸471-65
電話番号:04(7131)7141 FAX番号:04(7133)3527

関東農政局案内

リンク集