ホーム > 農村振興 > 棚田百選の認定 > 姨捨(おばすて)(長野県)


ここから本文です。

姨捨(おばすて)【長野県】

地域の概要

 本地区は、1800年前後にかけて整備された大池用水により、棚田が飛躍的に造成され、以来素晴らしい田園風景が守られている。

 地名は、全国的に有名な「姨捨伝説」や「更級日記」に由来しており、古来より名月の里・俳句の里として親しまれ、特に棚田に浮かぶ月光は「田毎の月」として知られている。

 姨捨

 姨捨

 

棚田の歴史・特徴等

 本地区の棚田一帯は、平成11年に文化庁の「名勝」に認定されたほか、姨捨駅から見下ろす棚田風景は「日本三大車窓」の一つに数えられるなど美しい田園風景が残されている。

 また、本地域は地すべり地帯であるが、棚田および道水路を管理することにより、災害を未然に防止している。

 

活動内容等

 平成8年度より、一部の区画でオーナー制の「棚田貸します制度」を実施し棚田の利活用と地域の活性化を図っている。田の管理の一部やオーナーへの営農指導については、地元ボランティア組織である「名月会」が中心となって行い、この制度をサポートしている。

 

アクセス

所在地

千曲市大字八幡

交通案内

鉄道

JR篠ノ井線「姨捨駅」下車、徒歩10分

長野自動車道「更埴IC」から、15分(国道18号線→県道長野上田線

ホームページアドレス

 -


ページトップへ

 

 

関東農政局案内

リンク集