このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

国産チーズ生産拡大セミナーの開催について

  • 印刷
令和元年11月26日
関東農政局
安全かつ安心な国産自然食品や健康食品への需要が拡大する中、日本の風土や気候に適した国産ナチュラルチーズが、地域の特産品としてのみならず、国内や海外でもますます注目されてきています。
農林水産省では平成29年度から、チーズ工房やチーズ製造設備の整備を行う「国産乳製品等競争力強化対策事業」により、国産チーズの生産拡大・品質向上に貢献しています。
関東農政局では、管内での本事業の取組み事例の紹介などを通じて、新たにチーズの製造に取り組もうとする方に本事業の活用について理解を深めていただくとともに、既にチーズを作られている方には販路拡大や輸出を推進していくため、「国産チーズ生産拡大セミナー」を開催します。

1.日時

 令和2年1月22日(水曜日) 14時00分~17時30分

2.場所

さいたま新都心合同庁舎2号館 5階 共用大研修室5A 
〒330-9722  埼玉県さいたま市中央区新都心2番地1 
アクセス(PDF : 117KB)

3.参集範囲

乳製品製造業者(今後、取り組まれる予定の方を含む)、酪農家、畜産関係機関・団体、行政関係者等 100名程度

4.内容

・国内の情勢報告
     農林水産省生産局畜産部牛乳乳製品課 課長補佐 相田 剛伸 氏
       (仮)牛乳乳製品・国産チーズをめぐる情勢及び乳製品の輸出について 
 

 
・取組事例
    ○チーズ工房那須の森 代表取締役 落合 一彦 氏
       (仮)チーズ作りで大切にしていること~日本のチーズ作りの課題と今後~

    ○秩父やまなみチーズ工房 代表 髙澤 徹 氏

       (仮)人生は1度きり!新たな挑戦~秩父にこだわったチーズ作り~


    ○小布施牧場株式会社 代表取締役 木下 荒野 氏
       (仮)楽農経営による美しい里山をふやします ~小規模・放牧型・地域内循環型の高品質チーズを届けます~


・総合質疑
      進行 関東農政局生産部畜産課 課長 西村 博昭、講演者

5.参加申込

参加を希望される方は、事前登録が必要となりますので以下の申込みフォームから必要事項を記入の上、申込みください。なお、申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。登録完了の返信メールはありませんのでご了承下さい。また、電話での申込みについてはご遠慮願います。 

申込期日:令和2年1月10日(金曜日)17時00分まで
申込みフォーム →  https://www.contactus.maff.go.jp/j/kanto/form/seisanbu/20200122.html

6.主催

 農林水産省関東農政局

7.報道関係者の皆様へ

報道機関の方で取材を希望される方は、上記方法により取材を希望する旨を記載の上、お申し込みください。本セミナーは公開で行います。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

お問合せ先

関東農政局生産部畜産課

担当者:斎藤
代表:048-600-0600(内線3325)
ダイヤルイン:048-740-0417
FAX番号:048-601-0533

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader