このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

平成30年度 農福連携推進関東ブロックセミナー・スタディーツアーの開催について

  • 印刷
平成31年1月10日
関東農政局
障害者が自立した生活を送るためには就労が重要であり、働く意思のある障害者がその適性に応じて能力を十分に発揮できるよう、多様な就業の機会を確保する必要があります。このため、先進的に取り組んでいる農福連携の事例を紹介するとともに、その支援策や最近の情勢を知っていただくことにより、農業分野における障害者就労の場を拡大することを目的に農福連携推進関東ブロックセミナー・スタディーツアーを開催します。

1. 日時・場所

(1)日時

   セミナー:平成31年2月18日(月曜日)13時30分~16時40分
             
※13時00分より受付を開始いたします。
            応募期間終了のため、申込みは締め切らせていただきました。 

   スタディーツアー:平成31年2月19日(火曜日)9時00分~12時10分
             
※京浜急行 横須賀中央駅周辺に集合、借り上げバスで移動し、同駅で解散予定(後日、参加確定者に詳細を連絡します。)
            ■2月19日のスタディーツアーは、定員に達しましたので締め切らせていただきました。
                             
                             

(2)場所

   セミナー:横須賀市立勤労福祉会館(ヴェルクよこすか) 6階 ホール
              (神奈川県横須賀市日の出町1丁目5番地)(京浜急行 横須賀中央駅 東口徒歩5分程度) 地図(PDF : 71KB)
               ※公共交通機関をご利用ください。

   スタディーツアー:神奈川県横須賀市、三浦市

2. 内容

(1)セミナー

   1) 基調講演 :『持続可能な農福連携の実践』
                        特定非営利活動法人 HUB's  代表  林  正剛  氏
   2) 事例報告 :『JA松本ハイランドが取り組む農福連携について  ~新たな可能性を秘めたWIN-WINな出会い~』
                        松本ハイランド農業協同組合  鎌  伸吾  氏
                    
『特例子会社パーソルサンクスが取り組む農福連携について』
                       
パーソルサンクス株式会社  代表取締役 中村  淳  氏
   3) 施策等の紹介 : 農林水産省農村政策部都市農村交流課
                             
横須賀市福祉部障害福祉課   
   4) その他連絡事項等

(2)スタディーツアー(現地視察)

   パーソルサンクス株式会社よこすか・みうら岬工房が受託している農作業を圃場等にて視察

3. 主催

  農林水産省 関東農政局

4. 共催

   関東ブロック障害者就農促進協議会

5. 定員及び参加申し込み方法

 

(1)募集期間

   平成31年2月8日(金曜日) 締切り

(2)募集定員

   平成31年2月18日(月曜日)  
     セミナー : 120名(先着順・無料)

■応募期間終了のため、申込みは締め切らせていただきました。                                                         
   平成31年2月19日(火曜日)
     スタディーツアー : 25名(先着順・無料)
                                                   
■スタディーツアーにつきましては、定員に達しましたので締め切らせていただきました。

(3)参加申込方法

参加希望者は添付の申込用紙に必要事項をご記入の上、下記申込先までFAXでお申し込みいただくか、ホームページの申込みフォームからお申し込みください。なお、2月19日のスタディーツアーのみの申込みは出来ません。
※お電話での申込みはご遠慮ください。
応募期間終了のため、申込みは締め切らせていただきました。 

<申込先>
農林水産省関東農政局農村振興部農村計画課
FAX:048-740-0082

チラシ(PDF : 926KB)


お問合せ先

農村振興部農村計画課

担当者:磯貝
代表:048-600-0600(内線3402)
ダイヤルイン:048-740-0036
FAX番号:048-740-0082