ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成25年度耕作放棄地再生利用セミナーの開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年2月6日

関東農政局

平成25年度耕作放棄地再生利用セミナーの開催について

   我が国の農林水産業・農山漁村においては、農業生産額が大きく減少する中で、基幹的農業従事者の高齢化や耕作放棄地の増加が大きな課題となっています。
   このため、農林水産省は、農地の有効利用を進める農地中間管理機構の創設、経営所得安定対策の見直し、水田フル活用と米政策の見直し、農業の多面的機能の維持・発揮のための日本型直接支払制度の創設の4つの改革を進めていくこととしています。
   このような状況の中、耕作放棄地の再生利用の取組を加速化させるためには、関連施策の活用を図るとともに、耕作放棄地の再生利用に積極的に取り組まれている各地の優良事例等の発信を通じて、他地域への横展開を図ることが重要であることから、本セミナーを開催します。

1   開催日時・場所

日時:平成26年 3月 4日(火曜日)13時30分~17時40分

場所:さいたま新都心合同庁舎2号館5階共用大研修室5A

さいたま市中央区新都心2-1

2   内容

(1)基調講演

「耕作放棄地を読み解き、活かす

-ランドスケープの視点からみた耕作放棄地の再生-」

独立行政法人  農業・食品産業技術総合研究機構本部  主任研究員  栗田英治氏

(2)事例発表

ア.  株式会社信州里の菓工房  鎌田真悟氏(長野県飯島町)

イ.  ファーム・インさぎ山  萩原さとみ氏(埼玉県さいたま市)

ウ.  全国の耕作放棄地再生事例  三善浩二(関東農政局農村振興課)

3   対象者及び募集人員

企業・NPO法人、地方自治体職員、耕作放棄地対策協議会、農業協同組合、土地改良区等(一般参加可)

定員180名

 

4   お申し込み方法等

 

 

本プレスリリース発表記者クラブ等

茨城県政記者クラブ、栃木県政記者クラブ、刀水クラブ(群馬県)、埼玉県政記者クラブ、千葉県政記者会、東京都庁記者クラブ、神奈川県政記者クラブ、山梨県政記者クラブ、長野県庁会見場、静岡県政記者クラブ

※報道関係者で当日取材を希望される方は、締切までに下記担当まで、ご連絡願います。

また当日は、担当者の指示に従っていただきます。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

経営・事業支援部農地政策推進課
担当者:鈴木、桶谷(おけたに)、齊藤
代表:048-600-0600(内線3846)
ダイヤルイン:048-740-0140
FAX:048-740-0081

農村計画部農村振興課
担当者:三宅、金夛(かねた)
代表:048-600-0600(内線3404)
ダイヤルイン:048-740-0493
FAX:048-740-0082

整備部農地整備課
担当者:栗田、黒岩
代表:048-600-0600(内線3531)
ダイヤルイン:048-740-0047
FAX:048-600-0624

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関東農政局案内

リンク集