このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

野菜の入荷量と価格の見通し(令和元年7月、東京都中央卸売市場)

  • 印刷
令和元年6月28日
関東農政局
令和元年7月の東京都中央卸売市場に入荷する指定野菜の入荷量と価格の見通しを作成しましたので、お知らせします。

7月の見通し

1.入荷の見通し

  7月の指定野菜(13品目)は、関東地域及び北海道・東北地域からの入荷が主体となり、入荷量全体としては平年並みと見込まれる。なお、平年と比べた品目別の入荷量の見通しは以下のとおり。

(1)平年に比べて多い品目
      はくさい、なす、たまねぎ

(2)平年並みの品目
      キャベツ、ねぎ、レタス、きゅうり、トマト、ばれいしょ

(3)平年に比べて少ない品目
      だいこん、にんじん、ほうれんそう、ピーマン

2.価格の見通し

    この様な入荷状況のもとで、7月の指定野菜(13品目)の価格全体としては、平年をやや下回り、前月をやや上回ると見込まれる。なお、平年と比べた品目別の価格の見通しは以下のとおり。

(1)平年に比べて高い品目
      なす

(2)平年並みの品目
      だいこん、はくさい、キャベツ、ねぎ、きゅうり、ピーマン

(3)平年に比べて安い品目
      にんじん、ほうれんそう、レタス、トマト、ばれいしょ、たまねぎ

(参考)指定野菜以外の主要な野菜の入荷量と価格の見通し
      すいか:入荷量は平年をやや下回り、価格は平年を上回る見通し。

3.品目別の入荷量、価格の見通し

201907nyuukaryoutokakaku.png
(利用上の注意)
この資料は、6月24日の見通し会議の検討結果に基づいたものであり、その後の気象条件の変化等により変動があり得る。

東京都中央卸売市場における品目別入荷量及び価格の動向

東京都中央卸売市場における直近3か月の、品目別入荷量及び価格の動向については、グラフ 及び をご覧ください。

<添付資料>(別添ファイルは別ウィンドウで開きます。)
野菜の入荷量と価格の見通し(令和元年7月、東京都中央卸売市場)



お問合せ先

生産部園芸特産課

担当者:流通指導官 白鳥
代表:048-600-0600(内線3348)
ダイヤルイン:048-740-0442
FAX番号:048-601-1431