ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「夏休み 新都心子ども食と農の体験広場」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年7月12日

関東農政局

「夏休み 新都心子ども食と農の体験広場」の開催について

 関東農政局では、さいたま新都心合同庁舎一号館インフォメーションセンターにおいて、「夏休み 新都心子ども食と農の体験広場」を開催します。ごはんの大切さや農業・農村の役割などの紹介のほか、クイズや体験学習など自由研究に役立つヒントが盛りだくさんです。

クラスのお友達やご家族と一緒にどんどん参加して下さい。 

日 時

平成24年8月23日(木曜日)10時00分~16時00分

開催内容

開催内容は現段階のものであり、今後変更する可能性があります。 

タイトル 展示等の内容
≪授業形式のもの≫ ~講義スペースにおいて実施~
見直そう!ごはんのパワー! 「お米マイスター」から、お米や朝ご飯の大切さ、バランスの良い食事などについて、学ぼう。
しょうゆマジック しょうゆのできるまでを体験学習し、日本の食の伝統である「うま味の食文化」を学ぼう。
苔玉作りに挑戦しよう! 観葉植物をコケで包んだ丸くてかわいい「苔玉作り」を体験しよう。
≪子どもが参加できるイベント≫
バナナうんちで元気な子 「早寝早起き朝ご飯」の大切さ、食べ物の消化の仕組み、食べ物や食べ方によって変わるうんちの様子を学ぼう。
「朝ごはん」をしっかり食べて元気もりもり 食習慣を身に付けよう。紙芝居やエプロン劇を見て学ぼう。
食べ物のことを考えてみよう クイズで日本の食文化を知ろう。食べたものが日本で作られたものかをチェックしてみよう。
野菜当てクイズ「何が入っているのかな?」 見えない箱の内の野菜当てクイズや、野菜の色や成分などについて学ぼう。
牛の耳についている黄色いものってなに? 牛は、耳に付いている番号で管理されていることを学ぼう。その番号で、牛がどこで生まれて育てられたか調べてみよう。
野菜の魅力について学ぼう! 野菜には健康に役立つ働きがたくさんあることを学ぼう。野菜に対するクイズにも挑戦しよう。
おいしい、楽しい果物の話 果物の持つ健康に役立つ特性や働きを学ぼう。
農業・農村のめぐみ 食べ物を育てるのに必要な田畑や水路について学び、多くの人々によって農業・農村が守られていることを知ろう。
数えて遊ぼう「統計収穫祭」 風船を果実に見立てて数を数えたり、クイズに挑戦し、統計や農業のおもしろさ・大切さを学ぼう。
≪実物展示があるイベント≫
こんにちは!ファミック(FAMIC)です! FAMIC(農林水産消費安全技術センター)が行っている、肥料・農薬・飼料・食品の検査分析の仕事について、学ぼう。
お米が穴だらけ、困ったコクゾウムシ 生きたコクゾウムシやコクゾウムシの模型を観察し、コクゾウムシを退治する方法(防除)について学ぼう。
ツマグロヨコバイ ~無視できない田畑の虫たち~ イネの汁を吸ったり、イネに病気をうつす小さな昆虫、ツマクロヨコバイ。その生態や退治(防除)の苦労を学ぼう。
役に立つ菌と悪い菌 いろいろな色や形の菌をみてみよう。
土の中の小さな生き物の世界!

畑の中にいる小さな生き物の色や形を見てみよう。

米粉 ~おいしく膨らませる粉の世界のお話~ 米粉のミクロな世界の構造や米粉製品の食感について学び、米粉の良さを知ろう。
給食で食べてる米粉パンの「米粉って」どんなもの? 米粉がどんなものなのか、米粉の優れているところについて学び、米粉に親しもう。
世界最古の植物「ジュラシックツリー」の鉢植えの展示 ジュラシックツリー:1994年にオーストラリアのウォレマイ国立公園の峡谷で見つかったジュラ紀(1億5000万年~2億年前)に繁栄していた針葉樹。
≪パネル展示等≫
植物は何を栄養として育っているの? 植物の生長に必要な肥料の大切さについて学ぼう。
みんなが知らない線虫と野菜の土の中でのバトル! 土の中の悪い虫(線虫)と野菜のせめぎあいバトルの姿を学ぼう。
お米の産地が分かります ~お米のトレーサビリティ制度~ お米の産地がわかる仕組み(トレーサビリティ制度)について学ぼう。
食べ物の期限表示について考えてみよう! 食べ物の賞味期限と消費期限の違いを理解しよう。
きのこについて知ろう! きのこはどうやってできるのかな?きのこについて学ぼう。

場 所

埼玉県さいたま市中央区新都心1-1

さいたま新都心合同庁舎1号館インフォメーションセンター

入場は無料です

【アクセス図】

 

heyachizu

本プレスリリース発表記者クラブ等

 茨城県政記者クラブ、栃木県政記者クラブ、刀水クラブ(群馬県)、埼玉県政記者クラブ、千葉県政記者会、東京都庁記者クラブ、神奈川県政記者クラブ、山梨県政記者クラブ、長野県庁会見場、静岡県政記者会

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課
担当者:総務・消費経済班・小俣・岩澤
代表:048-600-0600(内線3206)
ダイヤルイン:048-740-0358
FAX:048-601-0548

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関東農政局案内

リンク集